電気主任技術者の認定に必要な実務経験は?実務経験を積む方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事関係の仕事に従事している人なら、電気主任技術者という資格についてご存じだと思います。電気主任技術者になれば、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線、電気設備の保安監督という仕事に就くことができるのです。電気設備を設けている施設の事業主は、保安の監督者として電気主任技術者を選任する義務があります。つまり、この資格は需要と社会的評価が高いと言えるでしょう。ただし、電気主任技術者として認定されるためには、実務経験が必要です。資格認定のために必要な実務経験にはどのようなものがあるのでしょうか?

「電気主任技術者の資格を取得したい」「資格取得に必要な実務経験について知りたい」「どのような内容が実務経験として認められるのか?」そんな人たちのために、電気主任技術者に必要な実務経験についてまとめてみたいと思います。

  1. 電気主任技術者の資格について
  2. 電気主任技術者に必要な実務経験について
  3. 実務経験として認められる内容について
  4. 求人における実務経験について
  5. 実務経験を積める場所や試験について
  6. まとめ

1.電気主任技術者の資格について

まずは、電気主任技術者の資格についてご紹介します。資格を取得することでどのような仕事に就けるのか、資格試験の難易度や合格率についてもまとめてみました。

1-1.需要の高い電気主任技術者資格

電気主任技術者は、電気設備にかかわる者として特に取得が推奨される資格です。発電所や変電所などの維持管理や運用を行うことができます。電気事業法により、電気事業用および自家用電気工作物の設置者は、電気工作物の工事・維持・運用を保安監督するために、電気主任技術者を選任することが定められているのです。そのため、電気主任技術者の需要は途絶えることがありません。

電気主任技術者資格は、電機業界の登竜門試験として有名です。第三種・第二種・第一種があり、どのレベルであっても誰でも受験することができます。

1-2.資格試験の難易度と合格率

第三種電気主任技術者は、電気主任技術者資格の中で最も下位に位置します。三種の資格を取得することで、50,000ボルト以下の電気設備、5,000キロワット以下の発電設備を維持・運用・管理できるため、非常に人気の高い資格です。

資格試験の難易度は、工業高校の電気科卒業程度の内容とされています。電気理論は第一種電気工事士の試験問題に似ている部分もあるでしょう。

試験科目は、理論・電力・機械・法規の4科目があり、科目合格は3年まで有効となっています。最大で3年を使って科目を順次合格していくことで資格を取得することができるのです。ここ数年で著しく合格者が減少し、現在の合格率は6%を切るという難関資格となっています。