電気主任技術者の認定に必要な実務経験は?実務経験を積む方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事関係の仕事に従事している人なら、電気主任技術者という資格についてご存じだと思います。電気主任技術者になれば、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線、電気設備の保安監督という仕事に就くことができるのです。電気設備を設けている施設の事業主は、保安の監督者として電気主任技術者を選任する義務があります。つまり、この資格は需要と社会的評価が高いと言えるでしょう。ただし、電気主任技術者として認定されるためには、実務経験が必要です。資格認定のために必要な実務経験にはどのようなものがあるのでしょうか?

「電気主任技術者の資格を取得したい」「資格取得に必要な実務経験について知りたい」「どのような内容が実務経験として認められるのか?」そんな人たちのために、電気主任技術者に必要な実務経験についてまとめてみたいと思います。