【合格確実】電気主任技術者の参考書・問題集でおすすめはこれ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの暮らしに、電気は欠かすことができないものです。さて、電気を正しく安全に使うためには電気の取り扱いに詳しい人材が必要になります。電気主任技術者は、電気設備に関する専門資格のため、就職や転職にも有利になるなどの点から、多くの人が取得を目指すほどの人気です。しかし、電気主任技術者の資格試験を受けようと思っても、実際に何から学ぶべきなのかよくわからない人もいるでしょう。

そこで、今回は、電気主任技術者試験に向けて知っておくべき内容や効率のいい勉強の仕方などについて具体的に解説します。

  1. 電気主任技術者とは
  2. 電気主任技術者の試験内容はどう?
  3. 電気主任技術者の参考書について
  4. 電気主任技術者の試験概要をチェックしよう
  5. 電気主任技術者に関するよくある質問

資格試験は、重要ポイントを押さえておくだけでなく、いかに効率よく勉強ができるかも合格率に大きくかかわるものです。記事を読んだ人は、電気主任技術者の資格取得のために必要な知識を得ることができます。本気で合格を目指すのなら、ぜひ最後までじっくりと読んでください。試験当日までに何をするべきか、理解できますよ。合格を確実にするためにも、今すぐチェックしてください。


1.電気主任技術者とは

まず、電気主任技術者について理解することから始めましょう。電気主任技術者の定義や、準拠する法律・職務内容・必要性など、具体的に解説します。

1-1.電気主任技術者の定義

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の維持や保安管理のためにある国家資格です。電気主任技術者には、第一種から第三種まで3種類の区分があり、取り扱いができる電気設備の規模が異なります。電気の知識が無い人が電気設備を扱うことは、非常に危険です。そのため、電気設備の知識を深く学んだ人材として電気主任技術者を置いて保安管理業務を行う必要があるのだと考えましょう。

1-2.準拠する法律について

電気主任技術者は、電気事業法に準拠しています。電気事業法の目的は、電気事業および電気工作物の保安の確保です。電気主任技術者は、法律に従って事業用電気工作物の維持と運用を管理することになります。電気事業法に準拠することによって、専門知識を持った人間だけが電気工作物の保安管理を行うことができるのです。

1-3.電気主任技術者の職務とは

電気主任技術者は、電気設備や電気工事に関するプロとして正常な運用と保安管理を行うことが職務となります。たとえば、以下のような内容ですね。

  • 電気設備の点検・保安業務
  • 電気設備の修理業務
  • 電気工事の監督業務

電気設備を安心して使うことができるのも、電気主任技術者が職務に当たっているおかげだと考えましょう。

1-4.電気主任技術者の必要性

電気主任技術者は、必要性の高い資格です。電気は、間違った扱いをするとショートや感電・爆発を起こしたりします。大きな事故になると人命にかかわるものも出てくるため、常に安全を確保しながら運用・維持をする必要があるのです。電気主任技術者は、電気や電気工作物に関する深い知識を身に付けていることから、電気設備や電気工作物がある場所には欠かすことができない存在と言えます。

1-5.電気主任技術者の職場や求人状況

電気主任技術者の職場は、幅広く存在します。たとえば、以下のような職場で活躍できるでしょう。

  • 工場
  • 商業施設
  • 変電所
  • ビル管理会社

電気主任技術者は、電気設備があるところなら業種を問わず働くことができます。また、求人状況に関しても常に安定していると考えてください。

1-6.電気主任技術者の就職・収入に関するメリット

電気主任技術者は、就職・収入に関するメリットがあります。電気主任技術者は、電気設備の保守管理に関する専門職で国家資格のひとつのため、信頼性の高いことが特徴です。実際に、電気主任技術者を持っていると就職に有利と言えます。また、資格手当てが付く企業も多いため、未取得の人と比較すると収入が多くなる可能性が高いですね。