電験3種の合格基準・合格点は? 受験方法や勉強方法とともに解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種(第三種電気主任技術者)は、電気に関係する資格の中でもで電気工事士と並んで人気です。この資格を取得すれば、大型商業施設やビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守や点検が行えます。毎年資格取得を目指して大勢の方が受験されますが、合格率は25%~30%ほどです。

今回は、電験3種の合格基準の一つである合格点についてご説明しましょう。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種を取得する方法
  3. 電験3種の合格点・合格基準は?
  4. 電験3種の勉強方法について
  5. 電験3種に関するよくある質問
  6. おわりに

電験3種の合格基準が分かれば、勉強の目安にもなります。電験3種合格を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電験3種とはどのような資格?

電験3種とは、正式名称を第三種電気主任技術者といい、高圧受電設備の保守点検を行うことができる資格です。電験3種の有資格者が保守・点検できる高圧受電設備は電圧5万ボルト未満ですが、一般的なビルや工場・大型商業施設の受電設備で5万ボルト以上のものはあまりありません。ですから、電験3種だけでも、保守・点検できる設備の数はたくさんあります。

また、電験3種を取得して一定期間の実務経験を積むことで、電験二種や一種の資格を認定で取得することも可能です。その上、電験3種の有資格者しかできない仕事は年配者でも行えるものが多いため、資格を取得すれば定年後も十分に働くことができます。