電験の機械科目は難易度が高め!? 合格するための勉強法とポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験とは、電気主任技術者試験の略称で、電気工作物の工事・維持・運用に必要な国家資格を取得するための試験です。電気主任技術者は第一種・第二種・第三種の3種類があり、試験科目と出題範囲が異なります。試験科目の中には、電気機器・電熱・照明・電気加工などが含まれる「機械科目」があるのです。機械科目をマスターするためには、電気機械の構造をきちんと把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、電験の機械科目について説明します。