電気主任技術者と電気工事士の違いとは?資格の特徴を徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気にかかわる仕事に就く際、必要な資格といえば、電気工事士と電気主任技術者が挙げられます。どちらも有資格者でないとできない仕事が多く、電気にかかわる仕事の求人には、このどちらかの資格を取得していることが条件になっていることがほとんどです。電気工事士や電気主任技術者の資格を取得したいと思っている方も多いことでしょう。しかし、2つの資格の違いが今ひとつ分からず、どちらを取得するべきか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は、電気主任技術者と電気工事士の違いをご紹介します。

  1. 電気工事士・電気主任技術者の基礎知識
  2. それぞれの資格の相違点などについて
  3. 資格取得の方法
  4. 電気主任技術者・電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、もう悩むことはありません。電気工事士や電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事士・電気主任技術者の基礎知識

初めに、電気工事士と電気主任技術者がそれぞれどのような資格なのかをご紹介します。2つの資格にはどのような特徴があるのでしょうか?

1-1.電気工事士とは?

電気工事士とは、電気設備の工事を行うことができる資格です。人が長時間過ごす建物や屋外施設には、電気設備が欠かせません。通常、設備工事は有資格者の監督下であれば無資格者も行うことができます。しかし、電気工事だけは、電気工事士法などで、電気工事士の有資格者しか行えないことが定められているのです。つまり、電気工事を行うには、必ず資格を取得しなければなりません。

電気工事士には第一種と第二種があり、第二種は、600V 以下で受電する一般用電気工作物の工事が行えます。第二種を取得していれば、住宅や小規模な商店などの電気工作物の工事が行えるのです。第一種は、第二種が行える工事に加えて最大電力500kw未満の工場や商店などの電気工作物の工事を行えます。建設会社やリフォーム会社・電気設備会社などで需要が高い資格です。

ちなみに、電気工作物とは電気を扱うための設備の総称を指します。配線や変電設備・発電設備・受電設備などがあり、600V以下の受電設備や家庭用のソーラーパネルなどは一般用電気工作物、それ以外のものを事業用工作物と呼ぶのです。なお、事業用工作物に含まれる600V以上の受電設備や小規模な発電施設を自家用電気工作物と言い、自主保安が義務づけられています。

1-2.電気主任技術者とは

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の保安監督ができる資格です。電気事業法で事業用電気工作物は自主保安が義務づけられており、その自主保安を行えるのが電気主任技術者となります。電気主任技術者には第一種~第三種まであり、第一種を取得すればすべての事業用電気工作物の保安監督が可能です。第二種は電圧が17万V未満、第三種は電圧が5万V以下の事業用電気工作物の保安監督が行えます。

1-3.それぞれの資格を取得するメリット

1-3-1.電気工事士を取得するメリット

電気工事を行いたい場合は、必ず電気工事士の資格が必要です。ですから、建築現場には欠かせません。電気工事士としての実務経験を積めば、電気工事の会社を興して独立することもできるでしょう。また、ビルメン(ビルメンテナンス業務)の仕事に就きたい場合も、電気工事士の資格を取得していると有利です。電気工事士・危険物乙種4類・二級ボイラー技士・第三種冷凍主任技術者の4つの資格を併せて、ビルメン4点セットともいわれています。
電気工事士の実務経験を積めば、電気工事士の監督や電気工事の施工管理ができる電気工事施工管理技士の受験資格を得ることも可能です。この資格を取得すれば、働蹴る場所のより広がり、給与アップも期待できます。

1-3-2.電気技術主任者を取得するメリット

電気主任技術者の資格を取得すれば、事業用電気工作物の保安監督が行える仕事に就けます。工場・商業施設・オフィスビルなどに直接雇用してもらえる他、事業用電気工作物を設置してあるところから委託を受け、保安監督を行う会社にも需要があるでしょう。
また、ビルメン業界でも高い需要があり、電気主任技術者・建築物環境衛生管理技術者・エネルギー管理士を併せて、「ビルメン三種の神器」とも呼ばれているのです。また、実務経験を積めば独立もでき、定年に関係なく働けます。

12