電気主任技術者の仕事内容とは?仕事先や職務を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

転職や就職に有利になるように、資格取得をする方は多いでしょう。特に、電気系統の資格は、需要も高く就職先も豊富なため、人気も高いです。その中でも電気主任技術者は受験資格もないので、チャレンジしやすいでしょう。しかし、電気主任技術者がどのような仕事をするのか今ひとつ分からない方もいると思います。

そこで、今回は電気主任技術者の仕事内容をご紹介しましょう。これが分かれば、資格を取得した後のことも考えやすいですね。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者になるにはどうしたらいいの?
  3. 電気主任技術者の仕事内容とは?
  4. 電気主任技術者のメリット・デメリット
  5. おわりに

1.電気主任技術者とはどんな資格?

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事・維持および運用に関する保安の監督を行える資格です。事業用電気とは、一般家庭以外で使われている電気のこと。コンビニのような店舗から発電所のような施設までいろいろなところがあるでしょう。事業用電気は、一般家庭よりも高い電圧の電気を使います。

また、万が一事故が起きた場合は、たくさんの犠牲者が出る可能性もあるのです。ですから、常に電気系統が正常に動いているのかをチェックし続ける必要があります。同じ電気系統の資格に電気工事士がありますが、これは文字どおり電気系統の工事ができるだけの資格です。保守や点検はできません。混同しないように気をつけましょう。

2.電気主任技術者になるにはどうしたらいいの?

電気主任技術者にはふたつの方法があります。ひとつは試験を受けて合格すること。そしてもうひとつは、所定の時間講習を受けることです。電気主任技術者は受験資格が必要ありません。どんな人でも受験はできます。しかし、電気主任技術者の中で最も簡単な第3種でも、工業高校の電気科を修了したレベルの知識が必要です。最もレベルが上の第1種となれば、大学の工業部を修了するレベルの知識が必要でしょう。ですから、全く電気の知識がない人が、いきなりチャレンジして合格できるものでもありません。

ちなみに、合格率はどの種も10%を切っています。ですから、「電気主任技術者ならば、受験資格もいらないし受けてみようかな」くらいの気持ちで受けると失敗するでしょう。まずは一番合格率の高い第3種の取得を目指して勉強してみてください。一方、講習とは所定の時間講義を受け、修了テストを受けて認定されるものです。こちらは受講資格が必要で、定められた学校を卒業したり資格が必要だったりします。

また、実務経験も必要です。いきなり講習を受けて電気主任者の資格を得たいと思っている人になかなか厳しい条件になります。しかし、すでに第3種電気主任技術者の資格を取得し、もっと上位の資格を取りたいという方や別の電気系統の資格を取得している方は講習の方が取得しやすいでしょう。

3.電気主任技術者の仕事内容とは?

では、電気主任技術者の仕事内容とはどのようなものでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。

3-1.電気設備の点検と保安

電気主任技術者の主要任務は、電気設備の点検と保安です。施設が大きくなるほど、電気系統も複雑になっていくでしょう。ですから、毎日点検して異常がないか確認する必要があります。新しい施設ならば、電気設備もコンピューター管理されており、パソコンの画面を見るだけでも状態が把握できるかもしれません。しかし、古い設備ほど、メーターも数多く点検するのに手間がかかることもあります。

また、大規模な施設では、電気主任技術者が常駐していることもありますが、小さい店舗では、電気主任技術者が数店舗を回ることもあるのです。

3-2.電気設備の修理

異常がなければ、電気主任技術者の仕事は忙しいものではありません。24時間稼働している施設では夜勤もありますが、待機している方が長いということもあるのです。しかし、一度異常が起これば、修理できるまで休む暇がありません。今はどのような施設でも、電気がなければ仕事にならないところばかりです。ですから、夜中に出勤要請がくることもあります。

また、修理が終わった後も原因を究明して報告書を作成しなければならないところも多いのです。

3-3.いろいろな設備の修理を依頼されることもある

電気主任技術者は、電気系統の保安や点検が主な業務です。しかし、電気が使われている設備はたくさんあります。人手がない場合は蛍光灯の交換なども任務になることがあるのです。

また、ちょっとしたスイッチやセンサーの故障も依頼されることも多いでしょう。「電気系統だけかと思ったら、ビル全体を管理するはめになっている」ということも少なくありません。

3-4.電気工事の監督

たとえば、発電所や大規模な工場など電気系統が複雑な場所で工事をするときは、電気主任技術者が監督を務めることが多いです。また、工事が終わった後にそれが正確に行われているかどうか、確認することもあります。これで事故が起こった場合、電気主任技術者の責任が問われることもありますので、重要な仕事です。

4.電気主任技術者のメリット・デメリット

では最後に、電気主任技術者の仕事でのメリット・デメリットをご紹介します。これを知っておけば、資格取得の励みにもなるでしょう。

4-1.電気主任技術者のメリット

電気主任技術者は、事業用の電気工作物を取り扱っている場所では必ず選任しなければなりません。ですから、求めているところは多くたとえ第3種でも就職先はたくさんあるでしょう。

また、電気主任技術者は電気工事士と違って体を激しく動かすことも少ないです。ですから、ある程度の年齢になっても続けることが可能でしょう。長年元気工事の仕事に就いていた人が、定年を機に電気主任技術者の資格を取得してビルの管理をすることも珍しくありません。

4-2.電気主任技術者のデメリットとは?

電気主任技術者のデメリットは、仕事の時間が不規則になることが多いということです。勤めている施設の電気系統が故障した場合、その施設が使えなくなることも珍しくありません。ですから、時間や曜日にかかわらず「壊れたから修理して」と連絡が来ることもあるでしょう。

また、施設によっては何でも修理しなければならないこともあります。ですから、何の経験もない方が仕事に就いた場合、とまどうことも多いでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は電気主任技術者の仕事内容についてご紹介しました。
まとめると

  • 電気主任技術者は、事業用電気工作物があるところならどこでも需要がある。
  • 保守点検が主な任務なので、何事もなければ待機時間の方が長いこともある。
  • 人旅故障が起これば、直るまで帰れない。
  • 施設の修理全般を行うこともある。

ということです。電気主任技術者は、ベテランになると電気工事以外の工事についても知識があります。また、施設の人からも頼りにされることが多いでしょう。決して目立つ仕事ではありませんが、なくてはならない仕事なのです。

電気主任技術者の仕事は多岐にわたるため、若い人よりもある程度経験がある中高年を求めているところも多いでしょう。ですから、電気工事の仕事を長くやってきたけれど、もう少し普段は落ち着ける場所で仕事がしたいという方にもおすすめです。中には60歳以上になって電気主任技術者の仕事に就く人もいます。