電気主任技術者の仕事内容とは?仕事先や職務を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

転職や就職に有利になるように、資格取得をする方は多いでしょう。特に、電気系統の資格は、需要も高く就職先も豊富なため、人気も高いです。その中でも電気主任技術者は受験資格もないので、チャレンジしやすいでしょう。しかし、電気主任技術者がどのような仕事をするのか今ひとつ分からない方もいると思います。

そこで、今回は電気主任技術者の仕事内容をご紹介しましょう。これが分かれば、資格を取得した後のことも考えやすいですね。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者になるにはどうしたらいいの?
  3. 電気主任技術者の仕事内容とは?
  4. 電気主任技術者のメリット・デメリット
  5. おわりに

1.電気主任技術者とはどんな資格?

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事・維持および運用に関する保安の監督を行える資格です。事業用電気とは、一般家庭以外で使われている電気のこと。コンビニのような店舗から発電所のような施設までいろいろなところがあるでしょう。事業用電気は、一般家庭よりも高い電圧の電気を使います。

また、万が一事故が起きた場合は、たくさんの犠牲者が出る可能性もあるのです。ですから、常に電気系統が正常に動いているのかをチェックし続ける必要があります。同じ電気系統の資格に電気工事士がありますが、これは文字どおり電気系統の工事ができるだけの資格です。保守や点検はできません。混同しないように気をつけましょう。

12