電気主任技術者の就職先にはどんな場所があるの? 徹底解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者とは、事業用工作物の保安監督を行える資格です。事業用工作物には電気事業法で自主保安が義務づけられているため、電気主任技術者の有資格者はいろいろな場所で需要があります。資格取得を目指して勉強をしている方も多いことでしょう。その一方で、就職先について不安合を抱えている方はいませんか?

そこで、今回は電気主任技術者の就職先について解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の就職について
  3. 電気主任技術者の試験について
  4. ​受験勉強の方法や合格のコツ
  5. 電気主任者の就職に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の働き方がよく分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気主任技術者の基礎知識

はじめに、電気主任技術者とはどのような資格か、ということをご紹介します。どのような仕事を行えるのでしょうか?

1-1.電気主任技術者とは?

電気主任技術者とは、前述したように工場やビル、大規模商業施設などに設置されている受電設備や配線・変電設備・発電設備などの電気設備の保安監督を行える資格です。工場やビル・大規模商業施設などで使われている電気設備の総称を事業用電気工作物と言います。事業用電気工作物には、電気事業法などで自主保安をすることが義務づけられているのです。
電気主任技術者が整備点検をしないと、自主保安をしたと認められません。そのため電気主任技術者は事業用電気工作物が設置してある場所すべてで需要があります。

1-2.電気主任技術者の種類

電気主任技術者は、第一種~第三種に分かれています。第一種はすべての事業用電気工先物の保安監督業務が行える資格です。第二種は17万V未満、第三種は5万V未満(出力5,000KW以上の発電所を除く)の事業用電気工作物の保安監督業務を行えます。

1-3.電気主任技術者を取得する方法

電気主任技術者の資格を取得するには、一定の学歴・実務経験を積んで経済産業省の認定を得る方法と、電気技術者試験センターが主催する試験に合格する方法があります。受験資格は定められていません。学歴・国籍・性別・年齢問わず、誰でも受験可能です。
ただし、試験に合格するために、第三種は工業高校の電気科を修了した程度、第二種は電気の専門学校を修了した程度、第一種は大学の工学部、電気科を修了した程度の知識が必要といわれています。
まったく知識のない状態から電気主任技術者の資格を取得したい場合は、まず第三種の合格を目指しましょう。第三種でも取得していれば、就職できる場所がたくさんあります。