電気主任技術者の兼任条件は? どんな設備ならば兼任が可能?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者とは、工場や高層ビル・複合商業施設などで電気設備の保安監督業務を行うための資格です。一定の電圧を超える受電設備や発電設備・変電設備などは定期的な自主点検が義務付けられています。加えて、そのような電気設備を備えている施設は、電気主任技術者の選任も必要です。しかし、何らかの理由で電気主任技術者の選任が難しい場合もあるでしょう。そのような場合は、条件を満たせば電気主任技術者を兼任させることができます。

そこで、今回は電気主任技術者の兼任条件について解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の兼任条件について
  3. 電気主任技術者の資格取得方法や勉強方法
  4. 電気主任技術者の兼任に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の働き方についてもよく分かりますよ。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.電気主任技術者の基礎知識

はじめに、電気主任技術者の仕事内容や働き方などをご紹介します。どのような仕事が行える資格なのでしょうか?

1-1.電気主任技術者とは

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の保安監督業務を行う資格です。事業用電気工作物とは、電気使用のために設置する発電所、送電網、受電設備、電気使用設備をいいます。

事業用電気工作物のうち、電気事業の用に供する電気工作物以外のものが自家用電気工作物といいます。 例として工場・ビル等の600Vを超えて受電する需要設備をいいます。

事業用電気工作物は、電気事業法に基づき自主点検が義務付けられています。500kW以上の自家用電気工作物を含む事業用電気工作物を設置している設備は、電気主任技術者を選任して自主点検を行わなくてはなりません。

事業用電気工作物(電気事業用電気工作物及び自家用 電気工作物)については、技術基準維持義務(第39条)、保安規程の作成・遵守義務(第42 条)、主任技術者の選任義務(第43条)などが定められています。

1-2.電気主任技術者の仕事内容とは?

電気主任技術者の仕事は、事業用電気工作物の保安監督を行うことです。事業用電気工作物は自社のみならず他の事業者への波及事故などに至る危険性があります。送電系統は多くの需要家に電気を供給しています。よって電気工作物の工事や維持不具合が他需要家に悪影響を及ぼすことが無いようにする必要性があります。この重要な任務を負っているのが電気主任技術者なのです。

1-3.電気主任技術者の種類とは?

電気主任技術者には、第一種から第三種まであります。第一種は、すべての事業用電気工作物の保安監督業務が行える資格です。第二種は電圧が17万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができます。第三種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督となる資格を持ちます。

1-4.資格を取得するには?

電気主任技術者の資格を取得するには、電気事業法に規定された学歴または資格を有し実務経験により認定を受けるか、電気技術者試験センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。

資格試験の中では、最高位の一種(1級など)を取得しないと就職に役立たないものもありますが、電気主任技術者の場合は、第三種でも十分に役立ちます。受験資格は定められていません。どなたでも受験でき、またこの資格を取得してから電気業界に転職する方も多いです。

1-5.年収や資格を取得するメリット

事業用電気工作物は、日本国中どこにでもあります。一方、電気主任技術者試験の合格率はとても低いです。事業用電気工作物を保有する事業者は電気主任技術者を配置したいのですが思うように人が集まらないのが現状です。そのため、電気主任技術者の有資格者は一定の需要があります。電気主任技術者資格を取得すると転職にも非常に有利に働きます。また、有資格者はビルメン(ビルメンテナンス業務)を行っている会社でも重宝されます。この他、一定の実務経験を積めば独立も可能です。働き方の選択肢が豊富なのも、資格を取得するメリットの一つでしょう。

12