電験3種を取得するメリットは?求人傾向や試験内容など徹底解析

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気設備に関する代表的な資格に「電験3種」と呼ばれるものがあります。電験3種はビルや工場に設置されている高圧受電設備の管理・保守に大切な資格です。いずれは高圧受電設備にたずさわる仕事がしたい方や電気関連の資格を取得してスキルアップを目指したい方は、取得したほうが良いでしょう。そこで、本記事では、電験3種の基本情報や取得のメリット・電気主任技術者の資格試験・勉強法など詳しく説明します。

  1. 電験3種とは?
  2. 電験3種資格のメリットについて
  3. 電験資格のそれぞれのメリット
  4. 電気主任技術者の資格試験と勉強法について
  5. 電験3種に関してよくある質問

この記事を読むことで、電験3種に合格するために必要な知識と情報を手に入れることができます。資格取得・受験を考えている方はぜひチェックしてください。


1.電験3種とは?

電験3種の試験を受ける前に、一体どのような資格なのか知ることが大切です。電験3種の定義や電気主任技術者など、電験3種の基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.電験3種の定義

電験3種は第三種電気主任技術者のことです。電気主任技術者の資格には、第1種・2種・3種と3つの種類があり、その中の1つが電験3種になります。電気設備を専門的に取り扱う資格です。電気設備がある場所では、必要不可欠な資格ともいえます。また、種類によって扱える電気設備が異なり、電験3種は電圧が5万ボルト以内の事業用電気工作物が対象です。

1-2.電気主任技術者について

電気主任技術者は、電気保安のための責任者のことです。事業用電気工作物の工事や維持・運用に関する保安監督をおこないます。電気工作物の設置者は、電気事業法に基づき、必ず電気主任技術者を置かなければなりません。電気設備の不具合に対処したり、安全運用を維持したりするのが、電気主任技術者なのです。

1-3.種類と分類

電験3種は出力5,000キロワット以上の発電所をのぞいた5万ボルト以内の電気工作物を扱うことができます。一方で、電験1種はすべての電気工作物、電気2種は17万ボルト以内の電気工作物の取り扱いが可能です。まずは、資格の種類によって可能な工事範囲が異なることを覚えておきましょう。自分が扱いたい電気工作物に適した資格を取得してください。

1-4.目的と必要性

電験3種の目的は、電気工作物など電気設備を安全・安心に扱うことです。電気関連の設備は、感電や火災など不具合から大事故に発展する危険があります。また、電気設備に不具合ができると電気が供給できません。当たり前に送っていた生活ができなくなるため、電気設備の管理・維持はとても大切な仕事になります。不具合の早期発見にもつながるでしょう。

1-5.役割と業務

電験3種の主な業務は、高圧受電設備・電気工作物の保守点検です。電気工作物がある場所は商業施設やビル・施設など多岐にわたります。24時間稼働している工場では、常に電気設備の管理・保守をしなければなりません。唯一、保守点検ができる電験3種は必要不可欠な存在になります。いざというときに迅速な対応ができるのも有資格者ならではの大切な役割です。