電気系の資格にはどのようなものがあるの? 難易度や人気度は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気は、私たちの生活になくてはならないライフラインの一つです。電気にかかわる仕事も、電気工事や電気設備の維持や保守・管理、電気設備の設置などたくさんあります。しかし、電気は取り扱い方を間違えたり、電気設備の保守管理を怠ると火災の原因にもなる危険なものです。そのため、電気を正しく取り扱い、安全に使い続けられるように電気に関する資格がいくつも作られています。

そこで、今回は電気系の資格を紹介しましょう。

  1. 電気系の資格に関する基礎知識
  2. 主な電気系の資格
  3. 資格の難易度や人気度
  4. 各資格の概要や取得方法
  5. 電気系の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得するメリットもよく分かりますよ。電気関係の仕事に就きたいと思っている方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気系の資格に関する基礎知識

はじめに、電気系の資格が設けられている理由や資格を取得するメリットなどを紹介します。どのような仕事をする場合、資格が必要なのでしょうか?

1-1.電気系の資格と仕事との関係

前述したように、電気は私たちの生活に欠かすことができないものです。そのため、電気にかかわる仕事もたくさんあります。代表的なものをあげるだけでも、大型家電の設置・電気工事・電気設備の運転・電気設備の保安監督業務などがあり、電気を専攻する大学や専門学校も豊富です。
また、電気は便利な反面、扱い方を間違えると火事の原因にもなります。そのため、電気関係の仕事の中には資格を取得しないと行えないものも多いのです。

1-2.資格を取得しないと行えない仕事とは?

電気関係の仕事の中で資格がないと行えない職務には、電気工事・電気設備の保安監督業務などがあります。工事の中には、有資格者の監督下であれば、無資格者でも行えるものが多いのですが、電気工事だけは必ず「電気工事士」の資格が必要です。また、電気工事の中でも、電気通信工事(電話線やインターネット回線の工事)・ネオン工事などは別種の資格がいります。

電気設備が正しく動いているかどうかの点検ならば無資格でも行えますが、電気事業法で定められている「事業用電気工作物の自主点検」を行う場合は、資格が必要です。

1-3.資格を取得するメリット

前項をお読みいただければ分かると思いますが、電気関係の仕事のうち無資格で行えるものは、電気設備の運転や家電の設置などごくわずかです。電気関係の仕事は数多いので、資格を取得すれば就職や転職に有利でしょう。特に、難関資格を取得すれば、年齢が高くても無経験でも重宝されます。なお、電気関係の資格は、受験資格が定められていないものが多く、誰でも挑戦が可能です。