電気工作物関連の資格をとりたい人は必見!保安規定や資格について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「電気工作物に関連する資格が知りたい」「スキルアップになるから」「電気工作物関連の仕事に就きたい」など、考えている人は多いでしょう。電気工作物に関連する資格を取得するには、電気工作物の知識を身につけておかなければなりません。何の知識もないまま試験を受ければ、時間と受験費用が無駄になってしまいます。そこで、電気工作物とは何なのか、保安規程や関連する資格など詳しく説明しましょう。

  1. 電気工作物とは
  2. 一般用電気工作物について
  3. 事業用電気工作物について
  4. 電気工作物の保安規定について
  5. 電気工作物と関連する資格について
  6. 電気工作物に関してよくある質問

この記事を参考にすることで、電気工作物に関連する資格取得に必要な知識を身につけることができます。電気工作物について知りたい人、関連する資格の取得を考えている人は必見です。


1.電気工作物とは

電気工作物に関連する資格を取得するには、電気工作物について知ることが大切です。そこで、電気工作物とは何なのか、定義や概要、準拠する法律、種類を見ていきましょう。

1‐1.電気工作物の定義、概要

「発電、変電、送電、配電または電気の使用のために設置する機械、器具、ダム、水路、貯水池、電線路その他の工作物」が電気工作物です。ただし、船舶や車両、航空機に設置される電気工作物ははずされます。電気工作物の例をあげるとすれば、一般的な建築物に設置する発変電や送配電設備などが代表的です。

1‐2.電気工作物に準拠する法律

電気工作物に関係する法律は「電気事業法」「電気関係法令」「電気工事士法」になります。電気事業法は電気事業および電気工作物の保安の確保について定められている法律です。電気関係法令は電気保安・電気事業・電気工事・電気用品関係の法令を指しています。そして、電気工事士法は電気工事に従事する者の資格や義務、災害発生の防止などが記載されている法律です。

1‐3.電気工作物の種類

電気工作物には設置される条件・場所によって3種類にわかれています。3種類とは「一般用電気工作物」と「電気事業の用に供される電気工作物」「自家用電気工作物」です。