電気工事業法とは?電気工事士の資格を取得するための基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事業に関する事業所や工場、仕事に就く方は「電気工事業法」について必ず把握しておかなければなりません。電気を扱う仕事は危険が伴います。感電・火災など事故のリスクが高いため、事前に基礎知識を把握することが必要不可欠です。これから、電気工事業法とは何なのか、電気工事業法に関する国家資格や資格試験、勉強法など詳しく説明します。電気工事業法について知りたい方、関連する資格を取得したい方はぜひチェックしてください。

  1. 電気工事業法とは
  2. 電気工事業法の登録・届け出について
  3. 電気工事業法に関連する国家資格
  4. 資格試験について
  5. 資格試験の勉強法・講習について
  6. 電気工事業法・資格試験に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事業法の内容を知り、資格試験の合格に必要な知識を身につけることができます。資格試験の内容について把握すれば、時間を有効に使いながら勉強できるでしょう。


1.電気工事業法とは

電気工事業には大切な法律が「電気工事業法」です。電気工事に関連する資格を取得したい方は、必ず電気工事業法について知らなければなりません。

1‐1.電気工事業法の概要

「電気工事業の業務の適正化に関する法律」が通称電気工事業法と呼ばれているものです。電気工事業法には電気工事業を営む者の登録・業務の規制などが定められています。電気工事業をおこなっている会社・事業所は必ず規則を守らなければなりません。

電気工事士法

1‐2.電気工事業法の目的・必要性

電気工事業法は、電気工事に関する業務の適正な実施・一般用と自家用電気工作物の保安確保が目的です。法律における電気工事業とは電気工事をおこなう事業全体を指しています。電気工事業についての規則を統一化することで、安全・安心な電気工事をおこなうことができるのです。

1‐3.電気工事業法が適用される場所

電気工業法が適用される場所は一般用・自家用電気工作物の設置・変更をおこなう電気工事店などです。また、電気工事における配線・電灯・送電線・電力機器などの専門工事も当てはまります。