【必見】電験・エネ管の同時取得も可能!資格試験合格への道を伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験もエネ管も、資格取得を目指す人がとても多い人気の資格です。実は、電験とエネ管は同時取得を行うことでさまざまなメリットを受けることも可能になります。しかし、同時取得をするには電験とエネ管の資格について深く理解していることと、効率的な学習が必要不可欠と言えるでしょう。そこで、今回は、電験とエネ管の同時取得をしたい人のために、知っておくべきあらゆる情報を伝授します。基本をわかっているつもりでも改めて学ぶと発見があるものですよ。

  1. 電験とは
  2. エネ管とは
  3. 電験とエネ官の違いは?
  4. 電験とエネ管の同時取得について
  5. 電気主任技術者の試験について
  6. エネルギー管理士の試験について
  7. 電験・エネ管に関するよくある質問に回答

記事を読んだ人は、電験・エネ管の両方の資格について深い理解を得ることができます。資格取得のためには、ただ単に過去問題集を解くだけではいけません。取得後に実務で生かすためにも、記事を読んで基本を固めておきましょう。確実に合格を手に入れるためにも必ず役に立ちますから、ぜひじっくり読んでみてくださいね。


1.電験とは

まずは、電験とは何かについて学びましょう。電験の定義や資格概要・職務・種類などあらゆる点を説明します。

1-1.電験の定義を確認しよう

電験とは、「電気主任技術者試験」が正式名称です。正式名称の最初と最後の漢字を取って「電験」との略称になっています。なお、電気主任技術者に関しても、種類によって「電験一種」「電験二種」「電験三種」と略称で呼ぶことも多いです。実際にも、電験と呼ぶことが多いため覚えておくといいでしょう。

1-2.電気主任技術者とは

電気主任技術者とは、電気設備の運用や保安管理を目的とした国家資格です。電気設備を扱うには、電気の性質や電気設備の特徴・運用の注意点などあらゆることに関する専門知識が必要になります。そのため、電気設備を扱うためには電気主任技術者として認定を受けることが条件となるのです。

1-3.電験の資格概要や準拠する法律

電気は、間違った取り扱いをすると災害が起きたり人命にかかわったりなど、重大な被害があります。電験は、電気工作物を安全に運用することでリスクを回避する役割も持っていることを理解しておきましょう。電験の資格は、一般的には国家試験を受けて合格することで得ることができます。なお、電験は、電気事業法に準拠している資格です。電気事業法は、電気事業および電気工作物の保安の確保を目的とした法律であり、電験の職務は電気事業法の目的に沿った形となります。

1-4.電験の職務について

電験の職務は、電気設備を安全に維持・運用したり保安に努めたりすることです。また、設備の維持や点検・簡単な修理も引き受けます。電気主任技術者は、電気設備の適切な運用を維持することで現場や従業員の安全を確保しているのです。

1-5.電験の種類

電験の種類は、一種・二種・三種の3種類があります。種類によって、取り扱うことができる電気工作物の規模が異なる点に注意しましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 電験一種:すべての規模の電気工作物
  • 電験二種:170,000ボルト未満の電気工作物
  • 電験三種:50,000ボルト未満の電気工作物

なお、特に電験一種は、すべての規模の工作物を扱うことできるため多くの業界・企業で高い評価を受けています。

1-6.電験の目的や必要性を考えよう

電験の目的は、電気工作物に対する理解を深めて安全・適切に運用・維持・保安を行うことです。電験を取得した人間は、専門知識を身に付けたプロフェッショナルであるため、電気工作物の管理には欠かすことができません。また、電験は電気にかかわる事故から人々を守るためにも、必要性が高いと言えます。

1-7.電験の職場・求人・メリットについて

電験の職場は、広い範囲に存在します。電気工作物があるところは、すべて電験が活躍できる職場となるからです。そのため、求人は安定していることが特徴と言えます。電験を取得しておくことで、就職や転職・再就職に有利になるほか、資格手当ての支給や年収アップへの理由となるなど、メリットはたくさんあるのです。