電気工事施工管理技士になりたい!試験内容や勉強のコツを紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気関係の資格は、需要も高く就職先も幅広いので学生だけでなく社会人にも人気があります。電気関係の資格というと電気工事士や、電気主任技術者などがメジャーですが、今回は電気施工管理技士についてご紹介しましょう。あまり聞きなれない資格名ですが、電気工事や建築関係の仕事をしている方にとっては、取得しておいて損はない高度な資格なのです。

  1. 電気工事施工管理技士とは?
  2. 電気工事施工管理技士の試験について
  3. 学習方法のコツやスケジュールの立て方
  4. 電気工事施工管理技士に関するよくある質問

電気施工管理技士は試験を受けるにも一定の条件をクリアしなければなりません。そのような難関資格は、情報も集まりにくいでしょう。ぜひこの記事を参考に試験準備を整えてください。電気施工管理技士の試験を希望している方は必見ですよ。


1.電気工事施工管理技士とは?

まず、電気工事施工管理技士とはどのような資格か、ということをご紹介します。取得すればどんなことができるのでしょうか?

1-1.電気工事施工管理技士とはどのような資格?

電気工事施工管理技士とは、施工管理技士国家資格のうちのひとつです。これ以外にも、建築加工や土木など、複数の施工管理技士の資格があります。屋外設備でも、建築物でも多数の人が長時間活動する場所では、電気工事は欠かせません。

電気工事自体は電気工事士、という資格を取得すれば行えます。しかし、「施工計画・施工図の作成」「工程管理」「品質管理」「安全管理」といった施工管理をするためには、この資格が必要なのです。

1-2.電気工事施工管理技士の種類や、取得するとできることとは?

電気工事施工管理技士には、1級と2級があります。この資格を取得すると、建設現場に必ず専任しなければならない主任技術者になることができるのです。

また、新たに建設業法に基づいて建設業を営もうとする場合には、必ず営業所ごとに専任の技術者を常駐させておかなければなりません。2級を取得していると一般建設業の、1級を取得しているとそれに加えて特定建設業の専任技術者になれます。

さらに、1級を取得していると管理技術者に選任できるのです。つまり、より責任の重い立場になれるでしょう。建設業や電気工事の仕事をしている方ならば取得しておいて損はありません。

1-3.電気工事施工管理技士を必要としている職場とは?

電気関係の資格は、幅広い場所で必要とされています。電気工事士、電気主任技術者が保守、点検、管理の仕事に就けるのに対し、電気工事施工管理技士は電気工事を行う際に責任者の立場に立てるのです。どんな工事をどのくらいの期間で行うかということや、安全に問題がないか、使う材料の品質などもすべて責任を持って決定できるでしょう。ですから、建設現場にはなくてはならない資格です。

また、電気工事士や電気主任技術者の資格を取得したうえで、電気工事施工管理技士の資格を取る方も少なくありません。そのため電気工事のエキスパートとして保守、点検、整備会社でも責任者的な立場になることも多いでしょう。

1-4.電気工事施工管管理技士を取得するメリット

電気工事士や電気主任技術者(電験)を取得すると、電気工事や保守、点検、管理を行えます。しかし、電気工事施工管理技士の資格を取得すれば彼らのような技術者を統括することができるのです。ですから、より大きな工事にかかわれたり現場監督を任されたりするでしょう。それにともなって、給料も上がっていくはずです。

また、電気工事施工管理技士資格の取得には電気工事士や伝主任技術者よりも深い知識と経験が必要。ですから、資格を取得していると技術力の証明になり、転職にも優位に働くでしょう。

さらに、前述したように建築業の営業所を新たに開く際には、必ずこの資格の取得者を技術者として専任しなくてはなりません。そのため、大きな建設会社に転職できるチャンスも高いのです。

12