分散型電源はどんなもの?メリット・デメリットと共にご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

分散型電源というのは、電力供給する方法の一種です。
最近、屋上や屋根に太陽光発電システムを備えている家やビルが増えてきました。
これも分散型電源の一種です。そこで、今回は分散型電源のメリット・デメリットをご紹介しましょう。
自宅や会社で発電ができるというのは、大変心強いものです。
しかし、その一方で気をつけなければならないこともあります。
自宅や会社に発電設備がある方や電気主任技術者を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 分散型電源とは?
  2. 分散型電源の種類とは?
  3. 分散型電源のメリット・デメリットとは?
  4. おわりに

1.分散型電源とは?

分散型電源とは、電力供給の方法のひとつです。
小規模な電力発電装置を消費地の近くに設置して電力の供給を行います。
太陽光発電や風力発電などがその代表例です。
また、燃料電池やガスタービンなどを利用したコジェネレーションシステムも、分散型電源の一種になります。
特に、コジェネレーションシステムは発電の際に出た排熱を暖房や給湯に利用できるということで、注目が集まっているのです。
かつて小規模発電といえば、灯油やガソリンを原料とした小型発電機くらいしかありませんでした。
しかし、技術の進歩によって分散型電源の種類も増えたのです。
では、分散型電源にはどのような種類があるのでしょうか?
次の項で詳しくご説明しましょう。

12