電験3種の試験日程・実施頻度は? 勉強のスケジュールを立てるコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気関係の資格の中でも、電験3種は電気主任技術者は唯一受験資格なしで受験できます。そのため、受験を考えている方も多いでしょう。では、電験3種の試験日程はどうなっているのでしょうか? 合格するためには、試験日程を把握し、スケジュール立てて勉強する必要があります。

そこで今回は、電験3種の試験日程や申し込み方法・試験結果の発表の方法についてご紹介しましょう。社会人で資格試験を受ける場合、自分ですべての手続きをする必要があります。いくら一生懸命勉強したとしても、手続きを忘れてしまえば受験できません。この記事を読んで、しっかりと試験の申し込み方法を把握してください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種を受験するまでの流れ
  3. 合格発表について
  4. よくある質問
  5. おわりに

1.電験3種とはどんな資格?

電験3種とは、正式名称を第3種電気主任技術者といいます。この資格を取得すると、高電圧受電装置の保守点検管理を行えるのです。電気関係の資格の中では、電気工事士と並んで人気があり、受験者もたくさんいます。電気主任技術者は、1種~3種までありますがその中で唯一受験資格がいらないのが第3種です。そのため、幅広い年代の方が受験します。

しかし、電験3種は電気関係の試験の中で最も難易度が高く、合格率は毎年10%前後で、3年かけて合格する人も珍しくありません。一夜漬けで勉強しても合格は不可能です。試験に挑戦する人はしっかりと勉強の計画を立てて資源勉強を行ってからのぞみましょう。