電験三種の理論の勉強法を知りたい! 効率的に知識を学ぶ方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験三種とは、第三種電気主任技術者の略称です。事業用電気工作物の保安業務を行える資格として高い需要があり、電気に関する資格の中でも人気があります。その反面、毎年合格率が数%という難関資格です。挑戦したいけれど、ハードルが高そうで悩んでいるという人も多いことでしょう。
そこで、今回は電験三種の試験科目の1つ、理論の出題傾向や勉強方法を解説します。

  1. 電験三種とはどのような資格?
  2. 電験三種の資格を取得する方法
  3. 理論の特徴と勉強方法
  4. 電験三種の試験について
  5. 電験三種の理論に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、勉強のコツもよく分かることでしょう。電験三種取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験三種とはどのような資格?

前述したように、電気主任技術者とは事業用電気工作物の保安監督業務を行える資格です。電験三種は電気主任技術者の資格区分の中で最も下位ですが、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務が行えるため、オフィスビルや商業施設・学校・ホテルなどの多くの施設で有資格者の需要があります。
また、有資格者は未経験でも一定の求人があり、経験を積めば独立も可能です。工業高校や大学で電気関係の勉強をしている人や、電気関係の仕事に就いている人は、取得しておいて損はないでしょう。電気のことを全く知らないという人や、畑違いの仕事に就いていた人でも試験に合格すれば取得可能なので、幅広い年代に人気があります。