電気工事を無資格で行う危険性や罰則は? 有資格者の監督下でも不可?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事とは、電気工事士法において一般用電気工作物または自家用電気工作物のうち最大電力500kW 未満の需要設備(以下、自家用電気工作物という。)を設置・変更・撤去する工事と定義されています。電気工事は電気工事士法で定めるとおり作業に従事する者の資格及び義務を定めるとともに、電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的としています。即ち無資格者が違法で電気工事を行い火災をはじめとする災害を防止する必要があります。よって有資格者が専門家としての知見をもって工事を行う必要性があるわけです。

そこで、今回は電気工事を無資格で行う危険性や罰則、電気工事を行うことのできる資格の取得方法をご紹介しましょう。

  1. 電気工事の基礎知識
  2. 無資格者が電気工事を行う危険性
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士・電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事を無資格者が行う危険性がよく分かりますよ。電気工事士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気工事の基礎知識

はじめに、電気工事の内容や必要とされる職場などをご紹介します。どのような工事が該当するのでしょうか?

1-1.電気工事の定義

電気工事とは、前述したように最大電力500kW 未満の需要設備(以下、自家用電気工作物という。)を設置・変更・撤去する工事と定義されています。電気工事の種類は多岐に亘ります。また、電気工事は電気工事士法の第1条において、有資格者しか行えないことが定められています。

1-2.電気工事に当てはまらない工事は?

一般用電気工作物や自家用電気工作物を設置したり変更したりする工事は基本的には電気工事となりますが、軽微な工事については電気工事から外れるため、電気工事士法の規制や基準が適用されません。

ここでいう「軽微な工事」とは、以下のようなものを指します。

  • 600V以下で使用する差込み接続器、ねじ込み接続器、ソケット、ローゼットその他の接続器または600V以下で使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチその他の開閉器にコードまたはキャブタイヤケーブルを接続する工事
  • 600V以下で使用する電気機器または600V以下で使用する蓄電池の端子に電線をねじ止めする工事
  • 600V以下で使用する電力量計もしくは電流制限器またはヒューズを取り付け、または取り外す工事
  • 電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球その他これらに類する施設に使用する小型変圧器の二次側の配線工事
  • 電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、または変更する工事
  • 地中電線用の暗きょまたは管を設置し、または変更する工事

1-3.電気工事を行える資格は?

電気工事を行うには、前述したように電気工事士という資格が必要です。電気工事士には一種と二種があり、一種は最大電力500kW未満の工場、ビルなどの工事を行うことができます。二種は、一般住宅や小規模店舗など600V以下で受電する設備など、一般用電気工作物の工事を行うことが可能です。また、電気工事士の資格を得て専門の講習を受講すれば、ネオンサインの工事や予備発電装置の電気工事なども行うことができます。

なお、電気工事士が行えるのは、電気工事だけです。無資格者の監督や電気設備の保安は行うことができません。電気設備の保安監督を行うには、電気主任技術者の資格が必要です。

12