圧縮機の仕組みや種類とは?どのような役割があるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

圧縮機とはコンプレッサーともいう、気体を圧縮して送りだす装置の総称です。
送風機、圧縮機、排風機、真空ポンプは基本的に同じ機械と思ってもよいでしょう。
工場などには、欠かせない機械です。
そこで、今回は圧縮機の種類や仕組みをご紹介しましょう。
圧縮機は、その用途によって構造が異なります。
工場などで使われていることも多いので、電験三種を取得した方も目にすることが多いでしょう。
電験三種の取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 圧縮機(コンプレッサー)とは?
  2. 圧縮機の種類とは?
  3. 圧縮機の役割とは?
  4. 圧縮機に不具合が起こるとどうなるのか?
  5. おわりに

1.圧縮機(コンプレッサー)とは?

圧縮機とは、文字とおり圧縮した気体を押し出す装置です。
圧縮された空気は、空気圧縮利用器に送られてそれぞれの用途に使用されます。
空気は、私たちの周りに常に存在していますが、普段意識している方はいません。
それは、通常の空気が味も臭いもなく、重さすらほとんど感じられない存在だからです。
しかし、空気は圧縮すると大きなエネルギーになります。
私たちに身近な例を上げるとエアーダスターでしょう。
エアーダスターとは、空気の力でほこりを吹き飛ばすものです。
片手で扱えるようなものさえ、ほこりを吹き飛ばす程度の威力はあります。
それを大型化すれば、いろいろな用途に使えるでしょう。

1-1.圧縮機の仕組みや種類とは?

この項では、圧縮機の仕組みや種類をご紹介しましょう。
圧縮機が使われている場所や用途は幅広いため、種類もたくさんあるのです。

1-2.圧縮機の仕組みとは?

圧縮機は文字どおり、空気を圧縮するための機器です。
空気を取り入れた圧縮機は、内部の装置を使って空気を圧縮します。
最も身近な例を上げて説明をしましょう。
自転車の空気を入れる機械は、人力によって空気入れにピストン運動を行うことにより空気を圧縮し、効率よく空気をタイヤへと送り入れます。
圧縮の仕組みも同じです。
何らかの力を使って空気を押し縮めることにより、圧縮します。
その結果、空気は圧縮されて熱を持ったり圧力が高まったりするのです。

12