【必読】電気通信設備工事担任者の資格取得に必要な知識とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気通信設備工事担任者は、電気通信回線と端末設備などを接続するために必要な資格です。⼯事担当者の資格は、法令で定められた国家資格なので社会的信用を得ることができます。現在、情報社会となっており、電気設備工事担当者の需要が高まりつつあるのです。しかし、どうすれば資格が取得できるのか、分からない方は多いでしょう。そこで、本記事では、電気通信設備工事担当者の基礎知識や職務・メリット・資格取得の方法について説明します。

  1. 電気通信設備工事担当者の基礎知識
  2. 電気通信設備工事担当者の職務
  3. 電気通信設備工事担当者のメリット
  4. 電気通信設備工事担当者の資格取得について
  5. 電気通信設備工事担当者に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気通信設備工事担当者について分かり、資格を取得するために必要な知識を身につけることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


1.電気通信設備工事担当者の基礎知識

電気通信設備工事担当者とは、一体どのような資格なのでしょうか。

1-1.どんな資格か

電気通信設備工事担当者は、電気通信事業法に基づき、「工事担当者資格者証の交付を受けている者」とされています。別名・工事担当者とも呼ばれており、さらに省略して「担任者」「工担(こうたん)」とも呼ばれている国家資格です。電気通信事業法の施行と同時に、昭和60年に制定されました。主に、電気通信回線設備に端末設備・自営電気通信設備の接続工事を行い、監督する責任者でもあります。

1-2.必要性について

工事担当者の資格は、ネットワーク関連の仕事に必要不可欠です。現在は、情報ネットワーク社会になっており、インターネットや光ファイバーなどの配線や引き込み工事が頻繁に行われています。そんな時代だからこそ、ネットワーク関連の工事を行うことができる資格は、転職や就職に有利です。今後も、電気通信設備工事担当者の需要は高まるでしょう。