電気主任技術者を目指す方必見!主任技術者制度について紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

主任技術者とは、建築・電気通信・電気工作物・ガス工作物・建設などにおいて現場の技術水準を維持したり設備の維持や運営の監督をする仕事です。主任技術者制度は経済通産省によって定められ、それぞれの主任技術者によって認定条件が違います。「~主任技術者」という資格もたくさんあり、大勢の方が資格取得に向けてチャレンジしているでしょう。

今回は、電気主任技術者を中心に主任技術者制度についてご紹介します。

  1. 主任技術者の職務とは
  2. 主任技術者制度とは
  3. 主任技術者になるには?
  4. 電気主任技術者の試験について
  5. 電気主任技術者の試験勉強方法
  6. 主任技術者制度に関するよくある質問

この記事を読めば主任技術者になるメリットなどが分かるでしょう。主任技術者になることを目指して資格取得を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.主任技術者の職務とは

この項では、主任技術者とはどのような仕事や役割を担えるのかをご紹介します。どのような仕事で必要とされるのでしょうか?

1-1.主任技術者とは

主任技術者とは、前述したように設備の維持や運営の監督をする仕事です。建築現場では、施工管理や安全管理を行うことが主な仕事になります。電気・電気通信・原子力の運転・発電設備・ボイラー設備などいろいろな場所で、主任技術者が設備維持や運営の管理を行っているのです。また、主任技術者の選任を義務付けられている設備や現場もたくさんあります。主任技術者とは、その名の通り技術者を束ねる監督者のような役割を担っているのです。

1-2.電気主任技術者とは

主任技術者の資格を取得するには、多くの場合一定の実務経験が必要です。ですから、社会人が転職によって主任技術者になろうと思ってもなかなか難しいでしょう。しかし、電気主任技術者は資格試験を受けるための条件がありません。ですから、年齢・性別・職歴に関わらず資格試験を受けて主任技術者になることができます。そのため、主任技術者の中では最も知名度があり、受験者も多いのです。

1-3.主任技術者の資格を取得するメリット

主任技術者の資格を取得すれば、設備の維持や管理・点検などが行えます。また、主任技術者の選任義務がある現場や設備も豊富なので、転職も有利です。出世の条件が主任技術者の資格取得である会社もたくさんあります。
主任技術者によっては、独立開業できるものもあり、定年を超えて長く働けるでしょう。