主任電気工事士とは? 電気工事士の資格を取得するためのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事業法において、一般用電気工事の業務を行う営業所では「主任電気工事士」を設置しなければなりません。主任電気工事士は、電気工事の全体的な管理を行います。電気にかかわる工事は感電など事故・火災の恐れもあるため、資格を持った人だけができる工事です。また、主任電気工事士は実務経験を持った有資格者から選任する必要があります。そこで、本記事では、主任電気工事士の基礎知識や資格概要・試験などについて詳しく見ていきましょう。

  1. 主任電気工事士の基礎知識
  2. 主任電気工事士の資格について
  3. 電気工事士の資格について
  4. 電気工事士の試験について
  5. 電気工事士資格取得のための勉強法
  6. 主任電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、主任電気工事士として働くために必要な資格や知識を身につけることができます。資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。


1.主任電気工事士の基礎知識

主任電気工事士として働くためには、必要性や職務内容など基礎知識を把握しておかなければなりません。それでは、早速見ていきましょう。

1-1.主任電気工事士とは

「主任」という言葉がついているように、主任電気工事士は電気工事に関する統括的な仕事を担当する役職です。主任電気工事士の資格試験はありませんが、第一種または第二種の延期工事士免状を受けた者かつ実務経験3年以上という条件があります。

1-2.目的・必要性

一般用電気工作物(600ボルト以下)の電気工事作業を管理するためにも、統括を行う主任電気工事士が必要です。電気工事は手順や方法を間違えると大事故につながる恐れがあります。また、大勢の人が働く営業所などは全体的な管理を行う人が必要なのです。

1-3.職務

電気工事士の職務は以下の内容が挙げられます。

  • 配線図の作成・変更、これに関与しない場合はそのチェックをすること
  • 一般用電気工作物が電気関連法規に違反しないように管理すること
  • 立ち入り検査を受ける場合の立ち会い
  • 一般用電気工事の検査結果の確認
  • 帳簿の記載上の管理監督
  • そのほか一般電気工事に関する一般的な管理監督

1-4.雇用の義務について

主任電気工事士はきちんと雇用しなければなりません。必要に応じて名義を借りることはNGとされています。また、主任電気工事士は一般用電気工事の業務をおこなう営業所ごとに設置しなければならないと決められているのです。複数の営業所・事業場で兼任することはできません。

1-5.申請について

主任電気工事士の選任は、登録電気工事業者やみなし登録電気工事業者の申請をするときに必要です。そのため、主任電気工事士の住所を申請書に記載しなければなりません。もし、営業所・事業場に通えない遠距離に居住している場合は、登録を受け付けてもらない可能性もあります。また、選任する場合は第一種または第二種電気工事士の免状と実務経験の証明書が必要です。