電験を取得して独立開業するメリットを紹介! 準備しておくこととは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者を目指して電験の資格を取得しようとする人も多いでしょう。電気主任技術者は独立開業が可能な職種であり、企業の社員として働くよりメリットが大きいのです。しかし、もちろん電験の資格さえ取得すれば誰でも独立できるというわけではありません。いくつかの条件をクリアする必要はありますが、その第一歩と言える電験の資格取得について詳しく知っておきましょう。受験資格や試験内容、合格率はどうなっているのか、そこから電気主任技術者として独立するためにはどうしたらよいのか、知識を集めておいてください。この記事では、電験の勉強法や独立までの流れなどをまとめてご紹介しています。

  1. 電験と独立について
  2. 独立までの流れ
  3. 電験の資格と試験、勉強法について
  4. 電験の独立に関するよくある質問

この記事を読むことで、将来電気主任技術者として独立開業するための方法がわかります。就職や転職を検討している人もぜひ参考にしてみてください。


1.電験と独立について

まずは、電験と独立についてまとめてみました。電気主任技術者として独立することにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

1-1.電気主任技術者は独立できるのか?

電気主任技術者としての資格を持っていると、電気管理事務所を個人で開業することができます。電気設備のある場所で必ず必要となる電気主任技術者。その需要は非常に高く、就職や転職に大変有利になる資格です。将来のために電験の取得を目指している人も多いのではないでしょうか。そして、この資格を活用するために独立での開業を考える時期はきっとやってきます。そのときのために、独立のメリットやデメリットなどを知っておきましょう。

1-2.独立のメリット・デメリット

電気主任技術者として働くには、電気保安会社やビルメンテナンス会社に就職するほか、独立開業する方法もあります。電気設備の保守や点検を行う仕事は、会社に属していなくても行うことが可能なのです。たいていは電気保安会社と受注契約を結び、そこから仕事を回してもらう方法になるため「自分で仕事量を調節できる」というのが最大のメリットでしょう。
実際に、集中的に仕事を入れてあとはまとめて休むという働き方をしている人も少なくありません。また、収入も会社に属するより高くなる場合がほとんどです。ただし、ある程度の収入を得られるようになるためには、何年もかけて顧客を開拓する必要があります。もちろん社会保障もなくなるため、最初は不安に感じる人も多いでしょう。

1-3.どのくらいの人が独立しているのか?

電験の資格試験は難関と言われており、取得してからも開業するまでには実務経験が必要になるため、独立している人はそこまで多くありません。その分、需要が高い仕事であるということは間違いないでしょう。電気主任技術者として独立するまでの道のりは長いものですが、そこまで辿(たど)りつくことができれば一生仕事に困ることはありません。将来の安定を夢見て、着実に電験取得を目指しましょう。

12