認定電気工事従事者とはどんな資格?申請や資格取得の方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活になくてはならないものといえば、電気です。電気は発電所で作られて電線によって運ばれます。それを建物内で使えるようにすることが電気工事。この電気工事は資格がないと行えません。

そこで今回は電気工事にかかわる資格の中の「認定電気工事従事者」について詳しくご紹介します。

  1. 認定電気工事従事者とは?
  2. 認定電気工事従事者の資格を取得するには?
  3. 認定電気工事従事者の資格取得までの流れ
  4. 認定電気工事従事者に関するよくある質問

電気工事に関する資格は、需要も高く社会人にも人気の資格です。しかし、資格によってできる工事に違いがあり、どの資格を取ったらよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか? この記事を読めば、認定電気工事従事者だけでなく、そのほかの資格についても理解が深まります。電気工事に関する資格を取得したいという方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.認定電気工事従事者とは?

はじめに、認定電気工事従事者はどのような資格かということについてご紹介します。電気工事士を行える資格というと、電気工事士が有名ですが認定電気工事従事者と何が違うのでしょうか?

認定電気工事従事者は、第二種電気工事士の有資格者が仕事の幅を広げるために、3年間の実務経験を積んだ後で講習を受け、取得することが一般的です。ただし、第一種電気工事士の資格を取得していれば申請だけで認定電気工事従事者になることができます。第一種電気工事の交付を受けるには、5年以上の実務経験が必要です。しかし、試験自体に受験資格は定められていません。そのため、全く無資格無経験の方でも試験を受け、合格することは可能です。そのため、第一種電気工事士の資格を取得したものの交付を受けられない方が、認定電気工事従事者の申請をして一定範囲の工事に従事することもあります。ですから、認定電気工事従事者の中にも技術力が高い方もいれば、実務経験がない方もいるのです。

第二種電気工事士に、認定電気工事従事者の資格が加われば仕事の範囲も広がりますので、転職にも有利に働くでしょう。

1-1.認定電気工事従事者にできること

認定電気工事従事者とは、工場やビルなどの自家用電気工作物のうち、簡易電気工事(電圧600V以下で使用する自家用電気工作物)を行うことのできる資格です。電気工事を行える資格といえば、電気工事士が最も有名でしょう。電気工事士には一種と二種があり、どちらとも受験資格はありませんが、一種の免許の交付には実務経験が必要です。つまり、第一種電気工事士は、未経験者が受験はできるけれども免許が交付されません。実質、実務経験者だけが受験できる資格なのです。第二種電気工事士は、一般用(住宅、店舗)などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できる資格になります。

こちらの方は、実務経験がなくても試験に合格すれば免許が交付されるのです。ですから、未経験者はまず第二種電気工事士を取得してから実務経験を積み、第一種電気工事士の資格を取得するのが一般的な流れになります。しかし、店舗や一般住宅よりも工場やビルなどの自家用電気工作物の工事の方が件数は多いのです。そのため、「第二種電気工事士の資格は取得しているが、生かせない」というケースもあります。

なので、一定の実務経験を積むか、講習を受講して認定電気工事従事者の資格を取得することで、自家用電気工作物の工事ができようにするのです。つまり、認定電気工事従事者とは、一般用電気工作物の工事資格しかない電気工事士が、自家用電気工作物の工事ができるようになる資格。単独では取得できません。

また、第二種電気工事士と認定工事従事者の資格があれば、電気工事の業者がとして開業するために必要な電気工事業登録を行えます。

1-2.認定電気工事従事者の資格を取得するとメリットがある方とは?

認定電気工事従事者は、前述したようにほぼ第二種電気工事士のための資格のようなものです。しかし、これ以外にも電気主任技術者の有資格者が取得してもメリットがあります。電気主任技術者というのは、事業用の電気工作物の保安監督ができる資格です。事業用の電気工作物を設置しているところでは、定期的な点検が義務づけられています。電気主任技術者になると、これらの点検が行えるのです。

電気主任技術者の資格は、需要が高い割には受験資格もないため、社会人にも人気の資格。しかし、電気主任技術者の資格だけを取得した場合、自家用電気工作物の工事は行えません。そのため一定期間の実務経験を積むか、講習を修了して認定電気工事従事者の資格を取得すればできることも広がるでしょう。

1-3.認定電気工事従事者ができること・できないこととは?

電気工事法における電気工事とは、500キロW未満の自家用電気工作物と一般用電気工作物の工事を指します。そのうち、認定工事士の資格を取得すると、600V以下のネオン設備、非常用予備発電、および電線路を除く自家用電気工作物を工事できるようになるのです。第一種電気工事士は、ネオンと非常用予備発電の工事こそできませんが、そのほか、600V未満の自家用電気工作物の工事はすべて可能です。認定電気工事従事者の場合は、600V以下で電線路を除く自家用工作物のうち簡易電気工事が行えるようになります。そのため、第二種電気工事士の資格を取得しただけで、独立をしたいという人にもおすすめです。ちなみにネオンと非常用予備発電の工事を行うには、それぞれ特殊電気工事士(ネオン・非常用電源)の資格を取得すると工事が可能になります。

12