電気工事士の受験資格は?電験3種も取得しておいたほうがよい?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

世の中に資格はたくさんありますが、電気にかかわる資格は需要も高く就職や転職に役立ちます。電気工事士や電験3種の資格取得を目指している方も多いでしょう。

そこで今回は、電気工事士や電験3種の受験資格についてご紹介します。また、どのような方が受験するとよいのかということや、合わせて取っておくとよい資格などもご紹介しましょう。電気工事士や電験3種の資格を取得したいと考えている方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

  1. 電気工事士や電験3種とはどんな資格?
  2. 電気工事士を受験するのに資格は必要?
  3. 電気工事士の試験について
  4. 電気関係の資格は実務経験が大切?
  5. 電気工事士の資格を取得した方がよい方とは?
  6. 勉強は時間をかけて取り組もう
  7. 電気工事士に関するよくある質問
  8. おわりに

1.電気工事士や電験3種とはどんな資格?

まず、電気工事士や電験3種の資格を持っているとどのようなことが行えるのかをご紹介します。実は、単独で取得するより両方取得した方がメリットは大きいのです。

1-1.電気工事士とは?

電気工事士とは、文字どおり配電などの電気工事を行える資格です。電気工事は建築物を造る時だけでなく、リフォームや解体工事の場合も欠かせません。ガスの工事や水道工事は、有資格者の監督下でしたら無資格者でも工事を行うことができます。しかし、電気工事だけは、有資格者しか行うことはできません。そのため、有資格者の需要は高く、求人も豊富です。

電気工事士には1種と2種があり、1種は最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。2種は一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事が行えるのです。

また、電気工事士の資格を取得していれば、ネオンサインの工事ができる資格などを追加で取得できます。さらに、電気工事の実務経験を積めば、工事の監督業務を行うことができる電気工事施工管理技士の受験資格も得ることが可能です。

年収は350万円台からで、実務経験が豊富で扱える工事が多い技術者ほど年収も多い傾向にあります。

1-2.電験3種とは?

電験3種とは、第3種電気主任技術者の略です。電気主任技術者とは、一定の電圧を超えた電気を使う施設の電力施設を保安監督できる資格。商業施設や工場、変電所や発電所の電気設備の管理や運営には電気主任技術者の専任が必要になります。電験には1種~3種まであり、3種は電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物の保安点検、工事の監督などを行えるのです。