ビルメンに将来性はあるのか? 求人の傾向や取得すべき資格について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンテナンスは、建築物を安心・安全に使用するために必要な業務のことです。通称・ビルメンと呼ばれており、ビル設備の保守点検やテナントとの橋渡しなど、重要な役割を担っています。役立つ資格は多数ありますが、有名なのはビルメン4点セットと呼ばれる資格です。ビルの運営には必要な仕事だからこそ、将来性があり、求人数も安定しているので人気があります。より条件の良い職場で働くためには、資格を取得したほうが就職・転職に有利です。そこで、本記事では、ビルメンの基礎知識から仕事や職場・将来性・おすすめの資格について説明します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメンの仕事・職場について
  3. ビルメンの将来性について
  4. ビルメンにおすすめの資格について
  5. ビルメンに関してよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンの将来性や取得したほうが良い資格など詳しく知ることができます。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


1.ビルメンの基礎知識

ビルメンの仕事をするために、まずは、ビルメンの職務や種類・分類など基礎知識を身につけておきましょう。

1-1.ビルメンとは

ビルメンとは、建築物管理・ビルメンテナンスのことです。ビル管理とも呼ばれており、建築物を使用し、維持・管理するために、清掃・点検・修繕などの各種業務を行うことを指しています。人が多く集まる場所には、オフィスビルが多数立ち並んでいるのを見たことがあるはずです。これらのビルは、きちんと管理しているからこそ、建築物の役割を果たしています。

1-2.職務について

ビルメンの主な職務は、清掃・点検・修繕などです。細かい仕事内容については、後ほど【2.ビルメンの仕事・分類について】で説明します。不特定多数の人が、自由に出入りし、ビルの中で安心・安全に働くための業務が、ビルメンの大切な職務となるでしょう。

1-3.種類・分類について

ビルメンに種類はありませんが、主な建築物管理業者によって系列が異なります。たとえば、不動産会社が所有・運営している建築物を主としたビルメンは不動産系、ゼネコンが施工した建築物はゼネコン系、電機メーカーや計装メーカーなどはメーカー系です。建築物管理業者の系列によって、ビルメンの業務にも多少違いがあります。メーカー系は、エレベーターやエスカレーターなどの電力機器を熟知しているため、整備・修理が強みです。