ビルメンの仕事をしたい場合、電験3種を取得しておくと有利! その理由とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメン(ビルメンテナンス業務)とは、不特定多数の人が利用する施設を維持するために、整備や点検・清掃などを行う仕事です。施設を安全かつ快適に使うためには欠かせない仕事で、高い技術や専門的な知識が必要とされる職務もあります。ビルメンの仕事に就きたい場合、取得しておくと便利な資格の1つが、第3種電気主任技術者(以下、電験3種)です。
そこで、今回はビルメンの仕事で電験3種が必要な理由や資格取得方法などを解説します。

  1. ビルメンの仕事や魅力
  2. 電験3種とはどのような資格?
  3. 電験3種を取得するメリットと取得方法
  4. ビルメンや電験3種に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、電験3種を取得するメリットもよく分かるでしょう。ビルメンの仕事に興味がある人や、電験3種の資格取得を目指している人はぜひ読んでみてくださいね。


1.ビルメンの仕事や魅力

前述したように、ビルメンは不特定多数の人が利用する施設を維持するために、点検・整備・清掃を行う仕事です。不特定多数が利用する、オフィスビル・商業施設・劇場・ホテルなどを安全かつ快適に使用し続けるためには欠かせません。ビルメンの仕事は無経験でも行うことはできます。しかし、電気・ガス・冷凍機械・ボイラーなどを取り扱うことができる資格を取得していれば、仕事の幅が広がり、昇給や昇進・転職にも役立つことでしょう。特に、電験3種・エネルギー管理士・建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)はビルメン3種の神器と呼ばれており、どれか1つでも取得できれば大変有利です。
また、ビルメンの仕事は24時間体制で行っているところが多いのですが、待機時間も長めになっています。そのため、トラブルが少ない現場では、定年以降でも働き続けられるところもあるでしょう。ビルメン3種の神器を取得している場合、これまで勤めていた退職した後、ビルメンを行う会社に再就職することもできます。

12