カテゴリー:電験取得サポートブログ

認定電気工事従事者とはどんな資格?申請や資格取得の方法

私たちの生活になくてはならないものといえば、電気です。電気は発電所で作られて電線によって運ばれます。それを建物内で使えるようにすることが電気工事。この電気工事は資格がないと行えません。

そこで今回は電気工事にかかわる資格の中の「認定電気工事従事者」について詳しくご紹介します。

  1. 認定電気工事従事者とは?
  2. 認定電気工事従事者の資格を取得するには?
  3. 認定電気工事従事者の資格取得までの流れ
  4. 認定電気工事従事者に関するよくある質問

電気工事に関する資格は、需要も高く社会人にも人気の資格です。しかし、資格によってできる工事に違いがあり、どの資格を取ったらよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか? この記事を読めば、認定電気工事従事者だけでなく、そのほかの資格についても理解が深まります。電気工事に関する資格を取得したいという方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


電気主任技術者を目指す方必見!!高圧受電設備の規定とは?

高圧受電設備とは、発電所から供給された高電圧の電流を100V~200Vに変換する機械です。
別名をキュービクル式高圧受電設備、また単にキュービクルということもあるでしょう。
高圧受電設備は工場や商業施設など、一般家庭に比べて多量の電気を使う場所に設置されています。
そこで、今回は高圧受電設備の規程についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 高圧受電設備とは?
  2. 高圧受電設備の種類とは?
  3. 高圧受電設備の規程とは?
  4. 高圧受電設備にかかわる仕事について
  5. 高圧受電設備の保安点検にかかわる資格とは?
  6. 高圧受電設備に関するよくある質問

高圧受電施設は、法律によって定期的な点検が義務づけられています。
この記事を読めば点検が必要な設備や資格が分かるでしょう。
電気主任技術者の資格取得を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


電気設備の技術基準を定める省令って何?資格取得に必要?

電気は私たちの暮らしになくてはならないものです。
建築物を造ったり建物をリフォームしたりする際、電気工事は欠かせません。
しかし、電気は扱い方や工事の仕方を間違えると火災をはじめとする災害の原因になります。
そのため、電気設備に関する技術基準を定める省令という決まりで、電気設備の維持、工事、安全の要件を具体的に定めているのです。
そこで、今回は電気設備に関する技術基準はどのような省令か、ということとそれに定められた資格についてご紹介しましょう。

  1. 電気設備に関する技術基準を定める省令とは?
  2. 電気設備の技術基準の解釈とは?
  3. 電気設備の技術基準の解釈にはどんなことが定められているの?
  4. 電気工事法って何?
  5. 電気工事士の資格を取得するメリットと資格取得の方法
  6. 電気設備の技術基準を定める省令に関するよくある質問

電気工事に関する資格は、需要が高いので社会人にも人気があります。
取得を目指している方は電気設備に関する技術基準を定める省令に対する知識は必須です。
ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験の受験者必見!!資格の活かし方や試験対策は?

転職やスキルアップのために資格を取りたいと考えている社会人の方は多いでしょう。
世の中にはたくさんの資格がありますが、電気関係の資格は需要も高く取得しておいて損はありません。
今回はそんな電気系統の資格の中でも需要の高い電気主任技術者についていろいろとご紹介しましょう。
電気主任技術者試験の受験資格や勉強のコツ、電気主任技術者の資格取得後の働き方など役に立つ情報が盛りだくさんです。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の取得するメリットと資格を生かせる職場とは?
  3. 電気主任技術者試験について
  4. 電気主任技術者の試験対策
  5. 学習方法のコツ
  6. 合格までの道のり
  7. よくある質問

電気主任技術者は決して難易度の高い試験ではありませんが、それなりの勉強は必要になります。
具体的な働き方や資格取得後に得られる年収などが分かれば、勉強にも身が入るでしょう。
電気主任技術者の資格取得を考えている方は必見ですよ。


電気事業法や施行規則について知りたい!適用される場所や工事とは?

電気は、私たちの生活になくてはならないものです。
長期間人が生活したり作業したりする場所には、屋内、屋外問わず必ず電気設備があるでしょう。
そんな電気設備を工事したり保安をしたりするために定められた法律が電気事業法です。
電気は、扱いを間違えれば火災や事故の原因になります。
そのため、電気工事や電気設備の保安や監督には必ず資格が必要です。
今回は、電磁事業法や施工規則についてご紹介しましょう。
法律を知っていれば電気工事や保安に必要な資格や届け出も分かります。

  1. 電気事業法とはどんな法律?
  2. 電気事業法施工規則とは?
  3. 42条保安規定とは?
  4. 電気事業法の法改正について
  5. 電気事業法に定められた有資格者とは?
  6. 電気事業法についてよくある質問

 電気関係は法律も資格もたくさんあってややこしく感じるかもしれません。
しかし、この記事を読めば電気工事や保安に関する法律や資格は詳しく理解できるでしょう。
電気主任技術者や電気工事士などの資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。


電気工事施工管理技士になりたい!試験内容や勉強のコツを紹介

電気関係の資格は、需要も高く就職先も幅広いので学生だけでなく社会人にも人気があります。電気関係の資格というと電気工事士や、電気主任技術者などがメジャーですが、今回は電気施工管理技士についてご紹介しましょう。あまり聞きなれない資格名ですが、電気工事や建築関係の仕事をしている方にとっては、取得しておいて損はない高度な資格なのです。

  1. 電気工事施工管理技士とは?
  2. 電気工事施工管理技士の試験について
  3. 学習方法のコツやスケジュールの立て方
  4. 電気工事施工管理技士に関するよくある質問

電気施工管理技士は試験を受けるにも一定の条件をクリアしなければなりません。そのような難関資格は、情報も集まりにくいでしょう。ぜひこの記事を参考に試験準備を整えてください。電気施工管理技士の試験を希望している方は必見ですよ。


マイクロ波加熱の知識ならおまかせ!原理や特徴を徹底解説します!

電子レンジで食品を温めることができるのは、マイクロ波加熱の原理を利用しているからです。
今回は、マイクロ波加熱の原理や特徴について詳しくお話しましょう。

  1. マイクロ波加熱の原理を学ぼう!
  2. マイクロ波加熱の特徴は?
  3. マイクロ波加熱の注意点を確認!
  4. まとめ

マイクロ波加熱について詳しい知識を身に付けたい場合は、この記事を参考にすると良いでしょう。


電気主任技術者の仕事内容や年収はどのくらい?どんな働き方がある?

電気主任技術者は就職だけでなく転職にも有利ということで、社会人の受験者が多い資格です。
しかし、実際の仕事内容や年収についてはよく分かっていないという方も多いでしょう。
そこで、今回は電気主任技術者の資格を持っていると就ける仕事や平均年収をご紹介します。
せっかく資格を取得したのならば、それを生かした職に就きたいものです。
そのためには、電気主任技術者の資格を持っているとできることをしっかりと把握しておきましょう。
ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどのような資格?
  2. 電気主任技術者の難易度はどのくらい?
  3. 電気主任技術者の仕事内容や平均年収とは?
  4. おわりに

電験3種の試験日程・実施頻度は? 勉強のスケジュールを立てるコツ

電気関係の資格の中でも、電験3種は電気主任技術者は唯一受験資格なしで受験できます。そのため、受験を考えている方も多いでしょう。では、電験3種の試験日程はどうなっているのでしょうか? 合格するためには、試験日程を把握し、スケジュール立てて勉強する必要があります。

そこで今回は、電験3種の試験日程や申し込み方法・試験結果の発表の方法についてご紹介しましょう。社会人で資格試験を受ける場合、自分ですべての手続きをする必要があります。いくら一生懸命勉強したとしても、手続きを忘れてしまえば受験できません。この記事を読んで、しっかりと試験の申し込み方法を把握してください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種を受験するまでの流れ
  3. 合格発表について
  4. よくある質問
  5. おわりに

ヒートポンプの原理とは?種類や使用用途・動向について知ろう!

ヒートポンプはエアコンや冷蔵庫、暖房機器など身のまわりにあるものに利用している技術です。
快適な生活を送るために必要なものでもあります。
ヒートポンプの原理は一体どうなっているのでしょうか。
そこで、ヒートポンプの原理や種類、使用用途、動向など詳しく説明していきたいと思います。
また、ヒートポンプは電験3種試験にも出てくる問題です。
電験3種の勉強をしている人やヒートポンプについて知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. ヒートポンプの原理
  2. ヒートポンプの種類
  3. ヒートポンプの使用用途と動向
  4. まとめ