カテゴリー:電験取得サポートブログ

発電機の種類や仕組みとは?発電できる電気の質とも関係があります。

発電機とは、電気を起こす機械の総称です。
自転車のライトから、発電所で電気を起こしているタービンもすべて発電機になります。
また、災害時のために家庭用の発電機を常備しているところもあるでしょう
そこで、今回は発電機の種類や仕組みをご紹介します。
電気関係の仕事に就くと、発電機を整備したり保守や点検を行ったりする機会も増えるでしょう。
ですから、発電機のことをよく知っておいて損はありません。
電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 発電機の仕組みや構造とは?
  2. 電流別発電機の種類とは?
  3. 家庭用発電機の種類とは?
  4. 発電機の燃料は何?
  5. おわりに

分散型電源はどんなもの?メリット・デメリットと共にご紹介します。

分散型電源というのは、電力供給する方法の一種です。
最近、屋上や屋根に太陽光発電システムを備えている家やビルが増えてきました。
これも分散型電源の一種です。そこで、今回は分散型電源のメリット・デメリットをご紹介しましょう。
自宅や会社で発電ができるというのは、大変心強いものです。
しかし、その一方で気をつけなければならないこともあります。
自宅や会社に発電設備がある方や電気主任技術者を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 分散型電源とは?
  2. 分散型電源の種類とは?
  3. 分散型電源のメリット・デメリットとは?
  4. おわりに

誘導障害の種類と対策とは?どんなものがあるの?

誘導障害とは聞きなれない言葉ですが、電力線に接近した人や通信線が一定の電荷をおびているときに発生する障害です。
電線など電気をおびているものだけでなく、人体でも起こりますので、放置しておくと事故につながることもあるでしょう。
そこで、今回は誘導障害の種類と対策についてご紹介します。
誘導障害が発生すると、電流が正常に流れなくなることもあるでしょう。
すると、通信障害などが起こる可能性もあります。
電気主任技術者の資格取得を考えている方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 誘導障害とは?
  2. 誘導障害の種類とは?
  3. 誘導障害の対策とは?
  4. 万が一誘導障害が発生したら?
  5. おわりに

タービンの種類や仕組みとは?どんな用途があるの?

タービンとは、燃料をエネルギーに変換して回転運動を行って動力を得る原動機の総称です。
タービン単独で使われることはありませんが、私たちの生活になくてはならないものもタービンによって生み出されています。
そこで、今回はタービンの種類や仕組みをご紹介しましょう。
特に、電気主任技術者の資格取得を目指す方にとって、タービンの知識は必須です。
ですから、ぜひこの記事を読んでタービンについての知識を深めてください。

  1. タービンとは?
  2. タービンの仕組みとは?
  3. タービンにはどのような種類があるの?
  4. タービンの用途とは?
  5. なぜ、原子力発電や火力発電がすぐれているのか?
  6. おわりに

廃棄物発電の仕組みをご存じですか?未来の電力エネルギーを知ろう!

福島第一原子力発電所の事故以来、原子力発電所に依存してきた日本のエネルギー戦略は、大きな転換を迫られています。こうした流れの中で注目されているのが廃棄物発電です。要するにゴミを燃やした発電のこと。将来のエネルギーの一翼を担う発電といわれるほど、大きな可能性を秘めているといわれます。ぜひとも、この機会に知っていただきたいものです。

  1. 廃棄物発電とは
  2. 廃棄物発電の仕組みと特徴
  3. 廃棄物発電の現状
  4. 廃棄物発電のメリット・デメリット
  5. まとめ

潮力発電の仕組みや特徴とは?どんなメリットがあるの?

2011年に発生した東日本大震災で、福島第一原子力発電所が大きな被害を受けました。
これがきっかけでエコな発電方法への関心がより高まったのです。
そこで、今回は自然の力を利用した発電方法のひとつ、潮力発電の特徴や仕組みをご紹介します。
潮力発電とは、文字どおり潮の満ちひきを利用した発電方法です。
今回はその普及率やメリット・デメリットもご紹介します。
興味がある方だけでなく、電気主任技術者の資格取得を目指している方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 潮力発電とは?
  2. 潮力発電のメリット・デメリットとは?
  3. 日本の発電の主流は何?従
  4. 住来の燃料に頼らない発電のメリット・デメリットとは?
  5. おわりに

放電の種類や原理とは?どんなときに発生するの?

放電とは、気体の中に電流が発生する現象の総称です。
私たちの身近なところで起こる放電には、落雷や静電気、さらには電池で家電製品が動くのも放電の一種になります。
そこで、今回は放電の種類や原理をご説明しましょう。
放電現象を利用した製品は数多くあります。
しかし、その一方で放電が起こると火災の危険があるところも少なくありません。
放電の原理や種類を知れば、放電の防ぎ方も分かるでしょう。興味がある方だけでなく、電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。

  1. 放電とはどのような現象?
  2. 放電の種類とは?
  3. 放電にともなう不具合とは?
  4. おわりに

簡単にわかる原子力発電の特徴と仕組み

東日本大震災以来、原子力発電のメリットとデメリットに注目が集まっています。安全や効率、メリットやデメリットを知るなら、今後日本ではどのような発電所の発展と技術者の生育が必要になるかがわかるでしょう。それでは、原子力発電が持つ特徴を含め、簡単にわかる原子力発電の仕組みをご紹介します。

  1. 原子力発電の特徴と仕組み
  2. 原子力発電のメリット・デメリット
  3. 原子力発電の発電量や効率

碍子の仕組みや種類・材質とは?電気を効率的に送る器具

生活するために必要不可欠な「電力」は電柱・鉄塔をとおって私たちの家庭に流れてきます。
電柱・鉄塔などについている電力用・電信用のものが「碍子(がいし)」です。
碍子は絶縁固定するために必要な陶磁器製の器具になります。
一体、どのような仕組みになっているのでしょうか。
これから、碍子の仕組みや種類・材質、製造方法について説明します。
碍子について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 碍子の仕組み
  2. 碍子の種類
  3. 碍子の材質・製造方法
  4. まとめ

バイオマス発電とはどんな発電法?仕組みや特徴をご紹介します。

現在、私たちの生活は電気がなくては成り立ちません。
電気を作る発電所は、火力、水力、風力、原子力などの種類がありますが、今バイオマス発電が注目を集めています。
バイオマス発電とは、化石以外の生物から作り出される有機性のエネルギー資源のこと。
今回はその仕組みや特徴をご紹介しましょう。
生ゴミや廃材などからもバイオマス発電は行えます。
ですから、バイオマス発電が普及すれば、資源不足に悩むことや電気代の高騰も起こりにくくなるでしょう。
興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. バイオマスとは?
  2. バイオマス発電の仕組みとは?
  3. バイオマス発電の実情
  4. バイオマス発電のメリットとデメリットとは?
  5. バイオマス発電の課題
  6. おわりに