カテゴリー:電気主任技術者試験対策

電気主任技術者に関する違反や罰則を解説! 注意ポイントはコレ!

電気主任技術者は、事業用電気工作物の保安業務を行うことができる国家資格です。事業用電気工作物を設置している施設では、電気主任技術者による自主点検が必要なので、有資格者の需要は高くなっています。そのため、昇給・昇進・転職のために取得を目指す人も多いでしょう。電気主任技術者の職務は責任が重大なので、関わる仕事に対する罰則も定められています。今回は、電気主任技術者の職務を罰則中心に解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の職務と選任義務について
  2. 電気主任技術者の仕事に関する違反と罰則について
  3. 電気主任技術者の資格取得方法
  4. 電気主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の資格取得方法も分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験三種試験に最適な参考書は? 独学で難しい方には通信教育が最適

電験三種に挑戦する方は、参考書選びがとても重要です。独学で勉強しようと思っている場合、参考書選びで迷うことがありますよね。電験三種の参考書は幅広い内容が掲載されているため、自分のレベルに合うものを覚えておくと安心です。本記事では、電験三種の参考書についてご紹介します。

  1. 電験三種の試験について
  2. 電験三種の参考書について
  3. SATの教材をご紹介
  4. 電験三種でよくある質問

この記事を読むことで、電験三種の参考書についてよくわかります。試験合格を目指す方や参考書の活用方法を知りたい方は、参考書選びに役立ててください。


電験三種の資格を活用して転職先を探したい! 方法や注意点を紹介

電験三種は、電気関係の資格の中でも需要が高いものとして有名です。「資格を取得して、転職に役立てたい」と考えている人も多いと思います。しかし、電験三種の資格を活用すると、どのような転職先があるのかご存じでしょうか? 今回は、電験三種を活用できる転職先や転職する際の注意点を紹介します。

  1. 電験三種は人手不足
  2. 電験三種を活用できる転職先について
  3. 電験三種の資格取得方法
  4. 電験三種や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、電験三種の試験についてもよく分かるでしょう。電験三種を取得し、転職に役立てたい人はぜひ読んでみてくださいね。


電験は併願可能? 併願の方法やメリット・デメリットを解説

電験は1~3種まで3つの資格区分があります。「可能ならば、1年に複数の資格区分を受験したい」と考える人もいるでしょう。また、電験は科目合格が認められているので、あと1科目で合格する場合などは「ついでに第2種や第1種も受けておきたい」と考える人もいると思います。

そこで今回は、異なる資格区分の電験を併願する方法やメリットを紹介しましょう。

  1. 電験の併願のメリット・デメリット
  2. 電験の併願方法
  3. 勉強方法のコツ
  4. 電験の併願に関するよくある質問

この記事を読めば、併願がおすすめのケースなどもよく分かります。電験の併願を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


認定で電験3種を取得したい! 試験との違いやメリットは?

「電験3種を認定で取得したい」と考えている人はいませんか? 電験3種は転職や就職に大変役立つ資格ですが、試験はとても難しく、合格率が10%未満の年もよくあります。そのため、「可能ならば試験を受けずに電験3種を取得したい」と思っている人も多いことでしょう。しかし、条件さえ満たせば無条件に認定を受けられるわけではありません。

今回は、電験3種を認定で取得する方法とそのメリット・デメリットを紹介しましょう。

  1. 認定で電験3種を取得する方法
  2. 試験と認定の違い
  3. 電験3種を認定で取得するまでの流れ
  4. 電験3種の認定に関するよくある質問

この記事を読めば、2つの取得方法の違いや認定を受けるまでの流れもよく分かります。電験3種の取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験3種の科目免除について解説! 科目合格の条件とは?

「電験3種は科目免除があるので、数年かけて合格したい」と考えている人もいるでしょう。確かに、電験3種は3年間ですべての科目に合格すれば総合合格となり、資格が取得できます。しかし、最初から3年がかりでの合格を前提に受験の計画を立てると失敗する可能性も高くなるでしょう。
そこで今回は、電験3種の試験における科目免除のメリット・デメリットや活用方法を紹介します。

  1. 電験3種の科目合格について
  2. 科目免除を利用した電験3種試験の勉強方法
  3. 電験3種に関するよくある質問

この記事を読めば、科目免除を活用した勉強計画の立て方なども分かるでしょう。電験3種の受験を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電線の種類について解説。用途別にどんな電線があるの?

電線とは、電力や電気信号を送る金属やグラスファイバー製の線の総称です。電線にはたくさんの種類があり、用途によって的確に使い分けることが必要になります。電気関係の資格を取得する場合、電線の種類をしっかりと把握しておくことが大切です。

そこで今回は、電線の種類について解説しましょう。

  1. 電線の基礎知識
  2. 電線の種類について
  3. 電線の種類に関するよくある質問

この記事を読めば、電線の種類がよく分かります。電気関係の資格を取得したいと考えている人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


電験3種を新卒時に取得する方法やメリットを解説。未経験でも就職に有利?

就職に有利となるように、大学や専門学校の在学中に資格を取得したいと考えている人は多いことでしょう。大学で電気工学関係の学部に在籍していたり、電気関係の専門学校に通っていたりする人の中には、「電験3種を取得したい」と考えている人も多いと思います。その一方で、「新卒で電験3種の資格を取得しても、あまり役に立たない」という意見もあり、悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、電験3種を在学中に取得するメリットや取得方法を解説します。

  1. 学生のうちに電験3種を取得することは可能?
  2. 電験3種の資格を活用して行える仕事や将来性
  3. 新卒で電験3種を取得しているメリット・デメリット
  4. 電験3種を取得する方法
  5. 電験3種に関するよくある質問

この記事を読めば、電験3種を取得するための勉強方法のコツなどもよく分かるでしょう。電験3種の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験3種の資格を取れば公務員として働ける? 電気職公務員について解説

第3種電気主任技術者(以下、電験3種)とは、電気保安法に基づいて事業用電気工作物の保安業務を行える国家資格です。取得すれば仕事の幅が広がったり転職に役立ったりするため、取得を目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。電験3種の有資格者を求めているところはたくさんあり、その中には自治体や国もあります。つまり、資格を取得すれば公務員として働くチャンスもあるのです。
今回は、電験3種を取得して公務員として働く方法や、近年の公務員採用事情について解説します。

  1. 電験3種の基礎知識
  2. 電験3種の資格を活用し、公務員として働く方法
  3. 電験3種の資格取得方法
  4. 電験3種に関するよくある質問

この記事を読めば、電験3種の資格取得方法や勉強のコツも分かるはずです。電験3種の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験三種の偏差値はどのくらい? 難易度や合格率と共に解説

電気主任技術者第三種(以下、電験三種)は、事業用電気工作物の保安業務を行うことができる資格です。難易度が高い資格であり、有資格者を求めている職場もたくさんあります。資格取得を目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。その一方で「資格の偏差値を確認したら、思いのほか高かったので自信がなくなった」という人もいると思います。確かに、資格の偏差値は難易度を測る目安にはなりますが、うのみにする必要はありません。
今回は、電験三種の偏差値や実際の難易度、勉強のコツなどを紹介しましょう。

  1. 資格の偏差値とは何か
  2. 電験三種の偏差値と合格率・難易度について
  3. 電験三種の資格取得方法
  4. 電験三種に関するよくある質問

この記事を読めば、電験三種の勉強方法などもよく分かるはずです。電験三種の取得を目指している人は、ぜひ読んでみてください。