カテゴリー:電気主任技術者試験対策

電験の試験で電卓が必要な理由とは? 使い方のテクニックと共に解説!

電気主任技術者(以下、電験)は、事業用電気工作物の保安業務を行える資格です。電気関係資格の中でも需要が高く、取得すれば就職や転職に有利になるでしょう。そのため、多くの人が取得を目指して勉強に励んでいます。その一方で、電験の試験は計算問題が大部分を占めており、難しいことでも有名です。そのため、電卓の持ち込みが許可されています。
そこで、今回は電験の試験で電卓をうまく使う方法を中心に、試験の内容や勉強のコツを解説しましょう。

  1. 電験の試験で電卓が必要な理由
  2. 電卓の選び方と注意点
  3. 電卓の使い方テクニック
  4. 電験の勉強方法
  5. 電験に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、電卓の選び方や使い方などもよく分かります。電験の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルメンの仕事をしたい場合、電験3種を取得しておくと有利! その理由とは?

ビルメン(ビルメンテナンス業務)とは、不特定多数の人が利用する施設を維持するために、整備や点検・清掃などを行う仕事です。施設を安全かつ快適に使うためには欠かせない仕事で、高い技術や専門的な知識が必要とされる職務もあります。ビルメンの仕事に就きたい場合、取得しておくと便利な資格の1つが、第3種電気主任技術者(以下、電験3種)です。
そこで、今回はビルメンの仕事で電験3種が必要な理由や資格取得方法などを解説します。

  1. ビルメンの仕事や魅力
  2. 電験3種とはどのような資格?
  3. 電験3種を取得するメリットと取得方法
  4. ビルメンや電験3種に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、電験3種を取得するメリットもよく分かるでしょう。ビルメンの仕事に興味がある人や、電験3種の資格取得を目指している人はぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電験三種と一陸特は併せ持ったら最強! その理由は?

転職や就職の武器に資格を取得したい、と考えている人は多いことでしょう。資格の数はたくさんありますが、持っているだけで就職に有利な資格となると、その数は限られています。今回はその中でも両方取得していれば就職に大変有利な、第三種電気主任技術者(以下、電験三種)と、第一級陸上特殊無線技士(以下、一陸特)について解説しましょう。
なぜ、この2つの資格を両方持っていると有利なのかも説明します。

  1. 電験三種と一陸特の基礎知識
  2. 電験三種と一陸特を両方取得するメリット
  3. 資格を取得する方法
  4. 電験三種と一陸特に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、資格取得の方法やコツもよく分かるでしょう。就職や転職の武器となる資格を取得したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


漏電の原因は何? 対策方法や予防方法は? 皆様の疑問に一挙お答え!

漏電とは、文字どおり電気が漏れている状態のことです。言葉自体はよく知られていますが、実際にどのような状態になっていて、何が危険なのか、いまひとつピンとこない人もいるでしょう。実際、漏電は大変危険です。感電する可能性はもちろんのこと、火災になる危険性もあります。

  1. 漏電の基礎知識
  2. 漏電対策・予防方法
  3. 漏電に関するよくある質問
  4. おわりに

そこで、今回は漏電の原因と対策について解説しましょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験三種の理論の勉強法を知りたい! 効率的に知識を学ぶ方法とは?

電験三種とは、第三種電気主任技術者の略称です。事業用電気工作物の保安業務を行える資格として高い需要があり、電気に関する資格の中でも人気があります。その反面、毎年合格率が数%という難関資格です。挑戦したいけれど、ハードルが高そうで悩んでいるという人も多いことでしょう。
そこで、今回は電験三種の試験科目の1つ、理論の出題傾向や勉強方法を解説します。

  1. 電験三種とはどのような資格?
  2. 電験三種の資格を取得する方法
  3. 理論の特徴と勉強方法
  4. 電験三種の試験について
  5. 電験三種の理論に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、勉強のコツもよく分かることでしょう。電験三種取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電験3種の試験は計算問題が中心! その勉強方法とは!?

電験3種とは、第3種電気主任技術者の略称で、事業用電気工作物の保安業務を行える資格です。電気関係の資格の中では難易度が高い資格の1つであり、取得すれば就職・転職に大変役立ちます。学生から社会人まで人気の資格なため、取得を目指して勉強に励んでいる人も多いでしょう。電験3種の試験は計算問題が多いことが特徴です。
そこで、今回は電験3種に出題される計算問題を中心に、資格取得の方法などを解説します。

  1. 電験3種の基礎知識
  2. 電験3種の試験における計算問題について
  3. 電験3種の試験勉強について
  4. 試験の申し込み方法
  5. 電験3種の計算問題に関するよくある質問

この記事を読めば、電験3種に合格するための勉強方法についてもバッチリです。電験3種の取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電気技術者・電気主任技術者の仕事内容・資格の取得方法が知りたい!

電気技術者は、ビルや工場の電圧電気設備の保安監督を務める大切な仕事を行います。私たちの生活に必要不可欠な電気は、設備を通してオフィスや工場・家庭へと送り届けているのです。その設備がきちんと稼働していなければ、電気を使用することができません。電気主任技術者の仕事はやりがいがあり、国家資格でもあるので社会的ニーズがあるのです。では、一体どのような仕事をしているのでしょうか。本記事では、電気技術者の基礎知識や電気主任技術者の仕事内容・資格試験・勉強法などについて説明します。

  1. 電気技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の仕事内容について
  3. 電気主任技術者の資格について
  4. 電気主任技術者になるには
  5. 電気主任技術者の勉強法について
  6. 電気技術者に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の仕事内容や資格などについて詳しく知ることができます。就職・転職や資格取得を考えている方はぜひチェックしてください。


電気主任技術者試験対策

【必読】配線設計とは? 必要な資格と取得のコツも徹底解説します!

電化製品を快適・安全に使うためには、適切な配線が必要不可欠です。しかし、配線に関する正しい知識を持っていることが条件と言えます。では、配線設計を行うためにはどんな知識や資格が必要なのでしょうか。今回は、配線設計について詳しく解説するだけでなく、必要な資格と取得のコツなどについても解説します。

  1. 配線設計とは
  2. 配線設計に関する資格について
  3. 電気工事士について
  4. 電気主任技術者について
  5. 配線設計に関するよくある質問

この記事を読むことで、配線設計の基本がわかり、必要な資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


電気主任技術者試験対策

電気主任技術者の外部選任とは何か? 必要な要件などを解説します。

電気主任技術者の外部選任とは、事業用電気工作物の自主点検を外部の業者や個人事業主に委託することです。事業用電気工作物は電気事業法で定期的な自主点検が定められています。基本的には設置してある設備の持ち主が電気主任技術者を雇用し、点検を行わなくてはなりません。しかし、さまざまな理由で直接雇用が難しいところもあるでしょう。そのため、事業用電気工作物のうち、限られたものの自主点検は、外部選任を行うことができます。
今回は、電気主任技術者の外部選任ができる要件などを解説しましょう。

  1. 電気主任技術者と事業用電気工作物の自主点検
  2. 電気主任技術者の外部選任とは?
  3. 電気主任技術者の資格を取得する方法
  4. 電気主任技術者の外部選任に対するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の仕事内容などもよく分かりますよ。電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電気事故の報告はどのようにすればいい? 報告先や方法を解説します。

電気事故とは、電気機器や電気設備の故障や不良、さらに誤った使い方などによって発生する事故の総称です。電気を使っている場所すべてで発生する可能性があります。特に、高電圧の電機を使用する事業用電気工作物(自家用電気工作物)で電気事故が発生すると、周辺の電気設備に影響を与えたり、事故を起こした人が死亡したりすることも珍しくありません。そのため、電気事業法によって電気事業者や自家用電気工作物を設置している施設の所有者は、電気事故が起きた場合に報告義務が定められています。
今回は、電気事故の報告義務について解説しましょう。

  1. 電気事故とは何か?
  2. 電気事故の原因と対策
  3. 電気事故の報告について
  4. 電気事故報告に対するよくある質問

この記事を読めば、電気事故の報告方法だけでなく対策方法などもよくわかりますよ。電気関係の仕事に就いている方や、電気関係の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。