カテゴリー:電気主任技術者試験対策

電気工事士の筆記免除について徹底解析! 実技試験のコツとは?

ビルや商業施設などの大型施設には、安定した電気を供給するための電気設備があります。その電気設備を技術基準に適合するように作業するためには、電気工事士という資格が必要です。国家資格となる電気工事士は、試験をパスしなければなりません。しかし、電気工事士の資格試験は、条件に当てはまると筆記試験が免除可能です。そこで、本記事では、電気工事士の資格内容や筆記免除・試験概要・実技試験・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. 電気工事士の資格について
  2. 電気工事士の筆記試験免除について
  3. 電気工事士の筆記試験免除の申請について
  4. 電気工事士の試験概要
  5. 電気工事士資格取得のための勉強法
  6. 電気工事士の講習について
  7. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の筆記試験免除内容や資格取得に必要な情報を知ることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事士の試験を受けたい方必見! 実技の練習方法を紹介します。

取得すると電気設備の工事を行うことができる電気工事士は、電気関係の仕事に就くためには必ず取得しておきたい資格です。第二種電気工事士の場合は誰でも受験できますので、学生から社会人までたくさんの方が受験されます。電気工事士の試験には筆記試験の他に実技試験があり、その勉強方法に苦労している方も多いでしょう。

そこで、今回は電気工事士実技試験の練習方法についてご紹介します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の試験について
  3. 実技の練習について
  4. おすすめ参考書
  5. 電気工事士の実技練習に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かるでしょう。電気工事士の資格にチャレンジしようと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者を目指す方必見!主任技術者制度について紹介します。

主任技術者とは、建築・電気通信・電気工作物・ガス工作物・建設などにおいて現場の技術水準を維持したり設備の維持や運営の監督をする仕事です。主任技術者制度は経済通産省によって定められ、それぞれの主任技術者によって認定条件が違います。「~主任技術者」という資格もたくさんあり、大勢の方が資格取得に向けてチャレンジしているでしょう。

今回は、電気主任技術者を中心に主任技術者制度についてご紹介します。

  1. 主任技術者の職務とは
  2. 主任技術者制度とは
  3. 主任技術者になるには?
  4. 電気主任技術者の試験について
  5. 電気主任技術者の試験勉強方法
  6. 主任技術者制度に関するよくある質問

この記事を読めば主任技術者になるメリットなどが分かるでしょう。主任技術者になることを目指して資格取得を考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【絶対合格】電気工事士資格を独学で取りたい人へ! コツを教えます!

電気工事士資格は、就職や転職に有利な資格として常に高い人気を誇ります。私たちの生活には、電気は欠かすことができないものです。そのため、あらゆる場所で電気工事を行う必要があります。電気工事士は、電気工事を行うためのプロです。また、資格取得者は、電気工事のプロとして就職や転職に有利になります。今回は、電気工事士資格を独学で取りたい人のために、必要な知識とコツを伝授しましょう。資格取得を考えている人は、必見ですよ。

  1. 電気工事士資格は独学で取得できる?
  2. 電気工事士資格の独学合格のコツを伝授!
  3. ​電気工事士資格の独学合格に関するよくある質問

この記事を読むことで、独学でも電気工事士試験に合格するためのコツがわかります。絶対に合格したい人には、有益な内容です。独学で合格をつかむためにも、試験の特徴を理解するほか、良い教材を選んで効率よく学習を進めましょう。記事の内容は、皆さんの学習を強力にバックアップすることばかりなので、ぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルメンの仕事に電験が有利な理由。資格取得の方法と共に紹介します。

ビルメンとはビルメンテナンス(設備管理)の略称のことです。ビルは大型になるほど設備管理が重要になり、一定の広さを持つ大型商業施設やオフィスビルには、建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)という資格の選任が義務付けられています。しかし、建築物環境衛生管理主任技術者以外にも、ビルメン業界で働くためには、電験など取得しておいた方がよい資格があるのです。

そこで、今回はビルメン業界活躍するために電験が有利な理由や資格取得の方法をご紹介しましょう。

  1. 電験とビルメンの基礎知識
  2. なぜ、電験がビルメン業界の就職に有利なのか
  3. 電験を取得する方法
  4. 電験に関するよくある質問

資格取得の方法などが分かれば、よりチャレンジしやすくなります。ビルメン業界に就職を希望している方や電験に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者を外部委託するには? 要件と手続き方法まとめ

電気主任技術者の外部委託についてご存じでしょうか? 電気関係の仕事に就く上で資格取得がすすめられる電気主任技術者。この資格を持っていると自分自身のスキルアップにもつながり、就職や転職にも大変有利になります。原則として、店舗や施設、工場、発電所など一定の電圧を使う事業所では、電気主任技術者の選任が必要です。しかし、すべての事業所で電気主任技術者を選任することは現実的ではないでしょう。そこで、外部委託という方法があります。平成15年の法改正により、経済産業局に申請することで電気主任技術者を外部に委託することが可能となったのです。この記事では、電気主任技術者の外部委託について、その要件や方法などをまとめて解説します。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の外部委託について
  3. 電気主任技術者を外部委託する方法
  4. 電気主任技術者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の仕事や外部委託の方法などを知ることができます。資格取得を目指している人も、ぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験に挑戦する方必見!理論の参考書・テキストの選び方を解説!

電験(電気主任技術者)は、大型商業施設・ビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守・管理を行える資格です。高圧受電設備の定期点検は法律で義務付けられているので有資格者の需要は高く、就職先もたくさんあります。年を取ってからも活躍できる職場が多いので、中高年になってから資格を取得する方も珍しくありません。電験の試験は、理論・電力・機械・法規の4科目があります。

今回は、倫理のテキストや参考書の選び方、勉強の仕方をご紹介しましょう。

  1. 電験の理論とは?
  2. 理論の学習方法
  3. 理論の参考書・テキストの選び方
  4. SATの教材について
  5. 理論の参考書・テキストに関するよくある質問

自分にぴったりの参考書やテキストの選び方が分かれば、勉強もぐっとはかどります。電験にチャレンジするという方や、参考書を探している最中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の合格基準、合格点は何点?勉強方法などと共に紹介します。

電験3種(第三種電気主任技術者)は、電気に関係する資格の中でもで電気工事士と並んで人気です。この資格を取得すれば、大型商業施設やビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守や点検が行えます。毎年資格取得を目指して大勢の方が受験されますが、合格率は25%~30%ほどです。

今回は、電験3種の合格基準の一つである合格点についてご説明しましょう。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種を取得する方法
  3. 電験3種の合格点や合格基準・勉強方法について
  4. 電験3種の試験勉強や合格点に関するよくある質問

電験3種の合格基準が分かれば、勉強の目安にもなります。電験3種合格を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事士の資格試験に必要な圧着工具とは?準備する方法と必要性

電気工事士の資格試験には実技もあり、圧着工具を使用します。電気⼯事⼠として働くことになると日常的に圧着工具を使用することになるため、そろえておく必要があるでしょう。圧着工具とは、一般的な工具とどう違うのかご存じですか? どのようなシーンでどのような使い方をするのか知っておくと、選び方も簡単になると思います。電気工事士の資格を取得しようとしているなら、ぜひ圧着工具のことも知っておいてください。実技試験でどのような工具が必要なのかも調べておきましょう。この記事では、電気工事士試験を受ける際に知っておくべき圧着工具の必要性や選び方などをまとめてご紹介します。

  1. 圧着工具について
  2. 電気工事士と圧着工具
  3. 電気工事士試験の実技試験について
  4. 電気工事士試験に必要な圧着工具をそろえよう
  5. 電気工事士資格取得のコツとポイント
  6. 電気工事士試験に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の資格試験を受ける前に必要な準備についてわかります。圧着工具をそろえようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種を取得するメリットは?求人傾向や試験内容など徹底解析

電気設備に関する代表的な資格に「電験3種」と呼ばれるものがあります。電験3種はビルや工場に設置されている高圧受電設備の管理・保守に大切な資格です。いずれは高圧受電設備にたずさわる仕事がしたい方や電気関連の資格を取得してスキルアップを目指したい方は、取得したほうが良いでしょう。そこで、本記事では、電験3種の基本情報や取得のメリット・電気主任技術者の資格試験・勉強法など詳しく説明します。

  1. 電験3種とは?
  2. 電験3種資格のメリットについて
  3. 電験資格のそれぞれのメリット
  4. 電気主任技術者の資格試験と勉強法について
  5. 電験3種に関してよくある質問

この記事を読むことで、電験3種に合格するために必要な知識と情報を手に入れることができます。資格取得・受験を考えている方はぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加