電験は併願可能? 併願の方法やメリット・デメリットを解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験は1~3種まで3つの資格区分があります。「可能ならば、1年に複数の資格区分を受験したい」と考える人もいるでしょう。また、電験は科目合格が認められているので、あと1科目で合格する場合などは「ついでに第2種や第1種も受けておきたい」と考える人もいると思います。

そこで今回は、異なる資格区分の電験を併願する方法やメリットを紹介しましょう。

  1. 電験の併願のメリット・デメリット
  2. 電験の併願方法
  3. 勉強方法のコツ
  4. 電験の併願に関するよくある質問

この記事を読めば、併願がおすすめのケースなどもよく分かります。電験の併願を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。