電気主任技術者の仕事内容や年収はどのくらい?どんな働き方がある?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者は就職だけでなく転職にも有利ということで、社会人の受験者が多い資格です。
しかし、実際の仕事内容や年収についてはよく分かっていないという方も多いでしょう。
そこで、今回は電気主任技術者の資格を持っていると就ける仕事や平均年収をご紹介します。
せっかく資格を取得したのならば、それを生かした職に就きたいものです。
そのためには、電気主任技術者の資格を持っているとできることをしっかりと把握しておきましょう。
ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどのような資格?
  2. 電気主任技術者の難易度はどのくらい?
  3. 電気主任技術者の仕事内容や平均年収とは?
  4. おわりに

1.電気主任技術者とはどのような資格?

まず始めに、電気主任技術者とはどのような資格か、ということについてご紹介します。
電気関係の資格にはほかに電気工事士がありますが、何が違うのでしょうか?

1-1.電気主任技術者ができること

電気主任技術者とは、高圧受電装置の保守、管理、点検ができる資格のことです。
高圧受電装置とはビルや商業施設、工場、さらに発電所など電気を多量に消費するところに必ず備え付けられています。
住宅でも、高層マンションには備え付けてあるところが少なくありません。
電気は私たちの生活になくてはならないものです。
しかし、電気は使い方をまちがえたり受電設備の管理を怠っていたりすると火災の原因にもなるでしょう。
高電圧の電気を使っている場所ほど、事故が起こると大変なことになります。
電気主任技術者は、高電圧の電気を安心して使えるように定期的に保守点検するのが仕事です。
また、高電圧受電設備を備えているところは、定期的に電気主任技術者の点検を受けなくてはなりません。
なお、電気関係の資格といえばほかに電気工事士がありますが、電気工事士は工事ができても保守、管理点検はできないのです。
そのため、電気工事士の資格を取得した後で仕事の範囲を広げるため、電気主任技術者の資格を取得する方も少なくないでしょう。

1-2.電気主任技術者の種類とは?

電気主任技術者は、1種~3種までの3種類あります。
それぞれ保守、整備、点検ができる電圧の高さが決まっており、一番下の3種で電圧5万ボルト未満の電気工作物を扱えるのです。
複数の種類がある資格ですと、一番下の資格は取得してもあまり役に立たないことも珍しくありません。
しかし、電気主任技術者の場合は第3種でも多くの施設の高電圧受電装置を点検できます。
また、電気主任技術者の1種、2種は受験資格を得るために実務経験が必要です。
そのため、まずは誰でも受験できる3種を取得して仕事をしながら上位資格を取得するのが一般的になっています。

12