アルカリ蓄電池と鉛蓄電池の違いとは?特徴とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

蓄電池とは、くりかえし充電できる乾電池のことです。
携帯電話のバッテリーなども蓄電池の一種になります。
蓄電池にはアルカリと鉛というふたつの種類があるのです。
そこで、今回はこのふたつの違いや用途をご説明しましょう。
蓄電池には、私たちの身の回りで使うものと、高電圧受電装置の中で使われる鉛製のものがあります。
このふたつはどのように使い分けられているのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かります。電験三種など電気にかかわる資格を取得したい方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 蓄電池とは?
  2. アルカリ蓄電池と鉛蓄電池、それぞれの特徴や用途とは?
  3. 鉛蓄電池とアルカリ蓄電池の使い分けの方法
  4. 高電圧受電気の点検で気をつけたいこととは?
  5. おわりに

1.蓄電池とは?

蓄電池とは、充電してくりかえして使える電池のことです。
私たちの生活に欠かせない携帯電話もバッテリーも蓄電池の一種になります。
最近は「エネループ」という商品名で充電式の乾電池タイプも販売され、蓄電池はより私たちの身近なものになりました。
さて、蓄電池は、私たちが使う家庭用のものと高電圧受電施設などに使われるものがあります。
家庭用に使われる蓄電池は、「ニカド電池」「ニッケル水素電池」「リチウムイオン電池」といった種類があるのです。
充電式の家電にはこれらの電池のうちのどれかが使われているでしょう。
一方、産業用の蓄電池にはアルカリ蓄電池と鉛蓄電池があります。
このふたつの特徴や用途とはなんでしょうか?
それを次の項でご紹介しましょう。

12