エアコンの取り付け工事に資格は必要? 素人が工事をしても大丈夫?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エアコンは、冷暖房の両機能を持つ便利な家電です。気密性の高い新しい住宅ほど、なくてはならないものでしょう。エアコンはほかの家電に比べると取り付けに手間がかかります。そのため、業者に依頼するのが一般的でした。しかし、現在はネット通販の充実などにより、「自分でエアコンを取り付けたい」という方も増えています。

そこで、今回はエアコンの取り付け工事を行う際に必要な資格や、自分で取り付け工事を行う場合の注意点などを解説しましょう。

  1. エアコンの基礎知識
  2. エアコンの取り付けは資格なしでも行えるの?
  3. 電気工事士の資格が必要な作業とは?
  4. 電気工事士の資格取得方法
  5. エアコンの取り付け工事に対するよくある質問

この記事を読めば、エアコンの仕組みから安全に取り付け工事をするために必要な資格まで、よく分かりますよ。電気工事の仕事に関心がある方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.エアコンの基礎知識

はじめに、エアコンの仕組みや取り付け方について解説します。なぜ、設置に手間がかかるのでしょうか?

1-1.エアコンの仕組み

エアコンは、部屋の空気を室内機に取りこんで熱交換機を通して熱だけを室外機から屋外へ放出し、冷えた空気を再び屋内に戻すことで、部屋を涼しくします。室内機・室外機・2つをつなぐパイプの3つからなりたっており、設置するためには室内機と室外機を設置するだけでなく、配管やアース、ホースの接続など多数の作業が必要です。また、エアコンは一般的に壁へ取り付けるので、他の家電を設置するよりも技術も必要になります。

1-2.エアコンを取りつける手順

エアコンを取りつける手順は、以下のようになります。

  • 室外機の取り付け
  • 室内機と室外機をつなぐ接続線や冷媒配管の設置
  • アースの設置
  • ドレインホースの接続
  • 真空引き(エアコンのパイプ内から空気を抜く作業)
  • 室内機の設置

ただ、コンセントを挿しておしまいというわけではありません。

1-3.エアコンの設置は何工事?

エアコンの設置工事は、厳密な分類では配管工事になります。ですから、ガス工事の会社や水道工事の会社がエアコンの取り付けを行っているところもあるのです。しかし、電気工事が全く不要というわけでもありません。エアコンの種類や設置する場所によっては電気工事が必要なところもあります。