第3種電気主任技術者の資格を取得したい方必見!合格率や勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

就職や転職のために何か資格を取りたい。と思っている方は少なくありません。
一口に資格といってもいろいろな種類がありますが、その中でも人気なのが電気関係の資格です。
電気は私たちの生活になくてはならないもの。電気工事や保守・点検には必ず資格が必要です。
そこで、今回は電気関係の資格の中でも受験者が多い第3種電気主任技術者について、ご紹介します。
「就職に有利だけれど、難しい」「何度も挑戦してやっと受かる」という方も少なくありませんが、その理由は何でしょうか?

  1. 第3種電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 第3種電気主任技術者の資格を取得するまでの流れ
  3. 試験勉強の方法とコツのご紹介
  4. SATの教材について
  5. 第3種電気主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、第3種電気主任技術者の試験が難しい理由や合格率、さらに効果的な勉強方法が分かります。
資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.第3種電気主任技術者とはどんな資格?

始めに、電気主任技術者とはどのような資格かということをご紹介します。
取得していればどのような仕事ができるのでしょうか?

1-1.電気主任技術者とは?

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の保安監督が行える資格です。
事業用電気工作物とは、発電所や工場、ビル、大規模商業施設など高電圧の電気を使用する場所の発電や配電、受電設備のこと。
事業用電気工作物は、「事業用電気工作物の保安規制」によって、定期的に電気主任技術者による保守点検が義務づけられています。
そのため、電気主任技術者を必要としている場所は、皆様が思っている以上にたくさんあるのです。

1-2.電気主任技術者の種類とは?

電気主任技術者は1種~3種に分かれています。
今回ご紹介する3種は、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5000キロワット以上の発電所を除く)を取り扱うことができるのです。
2種、1種と数字が小さくなるにつれて、取り扱える事業用電気工作物の電圧は上がっていきます。
資格の中には、最上位の資格を取得以外は扱えるものがほとんどないというものもありますが、電気主任技術者は3種でも取り扱える電気工作物は少なくありません。

1-3.電気主任技術者の就職先はどこ?

電気主任技術者の資格を取得すると、電気保安を行う会社などに就職ができます。
また、ビル管理を行う会社も、電気主任技術者の有資格者を優遇しているところが多いのです。
さらに、電気主任技術者の資格を取得し、一定期間の実務経験を積むと独立が可能になります。
独立をして電気保安を行う会社と業務委託を結んで自営業者として働く有資格者は、少なくありません。
ちなみに、第3種電気主任技術者の独立に必要な実務経験は5年です。