電験3種の出題傾向は? 過去問を繰り返し解く重要性と注意点!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第三種電気主任技術者(以下、電験3種)とは、工場やオフィスビル・大型商業施設などに設置されている事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。有資格者を求めている職場も多く、たくさんの方が資格取得を目指して勉強に励んでいることでしょう。

今回は、電験3種の試験問題の出題傾向や、過去問の活用方法を紹介します。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種の試験内容
  3. 電験3種の出題傾向について
  4. 勉強方法のコツなど
  5. 電験3種に対するよくある質問
  6. まとめ

この記事を読めば、合格をつかみ取る勉強法のコツも分かることでしょう。電験3種の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験3種とはどのような資格?

電気主任技術者とは、前述したように高電圧の受電設備・配線設備・発電設備などの保安監督業務を行うことができる資格です。不特定多数の利用する設備に設置されている高電圧の電気設備を、事業用電気工作物と言い、電気事業法で定期的な自主点検が義務づけられています。この自主点検は、電気主任技術者かそれと同等の知識を持った方しか行うことはできません。

電験3種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができます。このような電気工作物を設置してある施設は日本全国にたくさんあるため、資格を取得すると転職や就職に大変有利です。事業用電気工作物を設置してある施設のほか、保安監督業務を請け負う会社や、ビルメン(ビルメンテナンス業)業界も有資格者を求めています。また、5年以上の実務経験を積めば、独立も可能です。