電験3種を取得したい方必見! 一押し問題集やテキスト・勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者とは、工場やオフィスビル・大型商業施設などに設置されている事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。1種から3種まであり、通常は「電験」「電験○種」という略称で呼ばれています。受験資格が定められていないので、誰でも受験できて転職や就職に有利な資格として人気です。

そこで、今回は電験3種取得を目指す方向けに、テキストや問題集の選び方や勉強方法のコツを解説します。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種の資格取得方法
  3. 電験3種の試験の特徴とおすすめの問題集
  4. 独学が難しい方必見!! おすすめの勉強方法
  5. 電験3種の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、問題集やテキストの選び方だけでなく合格しやすい勉強方法も分かることでしょう。電験3種の試験にチャレンジしてみようと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験3種とはどのような資格?

電験3種とは、前述したように事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができる資格です。事業用電気工作物とは、高電圧の受電設備・変電設備・送電設備・配電設備の総称で、設備を設置してある施設の所有者は、電気事業法により、定期的な自主点検を行うことが義務づけられています。

電験3種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、ビルメン(ビルメンテナンス業務)業界にも高い需要のある資格です。取得をすれば未経験者でも需要があり、5年以上の実務経験があれば独立もできます。取得しておけば、転職や就職に大変有利な資格の一つです。