電験3種を取得したい方必見! 一押し問題集やテキスト・勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気主任技術者とは、工場やオフィスビル・大型商業施設などに設置されている事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。1種から3種まであり、通常は「電験」「電験○種」という略称で呼ばれています。受験資格が定められていないので、誰でも受験できて転職や就職に有利な資格として人気です。

そこで、今回は電験3種取得を目指す方向けに、テキストや問題集の選び方や勉強方法のコツを解説します。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種の資格取得方法
  3. 電験3種の試験の特徴とおすすめの問題集
  4. 独学が難しい方必見!! おすすめの勉強方法
  5. 電験3種の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、問題集やテキストの選び方だけでなく合格しやすい勉強方法も分かることでしょう。電験3種の試験にチャレンジしてみようと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験3種とはどのような資格?

電験3種とは、前述したように事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができる資格です。事業用電気工作物とは、高電圧の受電設備・変電設備・送電設備・配電設備の総称で、設備を設置してある施設の所有者は、電気事業法により、定期的な自主点検を行うことが義務づけられています。

電験3種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、ビルメン(ビルメンテナンス業務)業界にも高い需要のある資格です。取得をすれば未経験者でも需要があり、5年以上の実務経験があれば独立もできます。取得しておけば、転職や就職に大変有利な資格の一つです。

2.電験3種の資格取得方法

電験3種の資格を取得するには、2つの方法があります。1つは、実務経験を積んでその実績を経済産業省に認定してもらう方法です。この方法ですと試験を受ける必要はありません。ただし、認定基準が厳しいため、実務経験者でも試験を受ける方を選択する方もいます。

もう1つは、電気技術者試験センターが主催する試験を受けて合格する方法です。前述したように受験資格は必要ありませんので、年齢や性別・国籍・学歴を問わず誰でも受験できます。試験は、年1回9月に行われ、理論・法規・機械・電力の4科目です。択一式の試験ですが、計算問題が多数出題されており、電卓の持ち込みが認められています。

なお、電験3種は3年以内に4科目すべての試験に合格すれば、資格取得です。そのため、3年がかりで合格する方も珍しくありません。

3.電験3種の試験の特徴とおすすめの問題集

この項では、電験3種の試験の難易度や、おすすめの問題集などを紹介します。どのくらい難しい試験なのでしょうか?

3-1.電験3種の試験の特徴や難易度について

資格試験の勉強というと暗記が中心というイメージがありますが、電験3種の試験は、前述したように公式を利用した計算問題がすべての科目で出題されます。科目によっては半数以上が計算問題というものもあるため、数学のセンスが必要です。また、公式を覚えていれば解けるという問題でもなく、公式を応用する力も必要になります。

さらに、電験3種の試験は年々難しくなっていると言われており、合格率はここ数年、10%を切ることも珍しくありません。なお、電験3種試験に合格するには、工業高校の電気科を修了した程度の知識が必要と言われており、全く知識がない状態から勉強を始める場合、最低でも数か月は勉強しないと合格は難しいでしょう。

3-2.電験3種の参考書について

電験3種の参考書には、4科目が1冊になったものと1科目ずつ独立したものがあります。4科目が1冊になったものは、要点しか書いていないものがほとんどですので、電気関係の仕事をしている方や電気関係の専門学校・短大・大学に通っている人向けです。
初めて試験にチャレンジするという方や、電気の知識がない方は1科目ごとに参考書を購入しましょう。

電験3種の参考書はいろいろな出版社から刊行されていますが、電気書院刊行の「これだけシリーズ」や、オーム社刊行の「優しく学ぶシリーズ」が人気です。
参考書を読んでも内容がよく理解できないという方は、電気数学の勉強からはじめましょう。オーム社から刊行されている「マンガで分かるシリーズ」に電気数学や電気があります。マンガですからイメージがわきやすく、入門書にはおすすめです。これを読んでイメージをつかみ、ナツメ社から刊行されている「電験三種に合格するための、初歩からのしっかり数学」などで知識を補足するのもよいでしょう。

3-3.過去問題の活用方法

資格試験の中には、過去問題を少し変えただけの問題が毎年出題されるものもありますが、電験3種の場合は過去問とそっくりな問題がそのまま出題されることはまずありません。しかし、過去問題を5年ほど解いておけば、公式の使い方や応用の仕方がよく分かります。電験3種の参考書にも練習問題がついていますが、過去問題集も1冊購入し、くり返し解きましょう。近年の過去問は、電気技術者試験センターのホームページでも公開されています。

4.独学が難しい方必見!! おすすめの勉強方法

電験3種は難関資格ですが、予備校などはごくわずかしかありません。自治体によっては職業能力開発センター(ポリテクセンター)で講座が開かれていることもありますが、人気ですから競争率がかなり高いところもあります。
参考書や過去問題集を使って独学で勉強し、電験3種の合格をつかみ取る方もたくさんいますが、独学では分からないところが出てきた場合、そのままモチベーションが低下し、挫折してしまう方もいるでしょう。また、どんなに分かりやすい参考書でも、理解できない部分があるという方もいると思います。

そのような方は、通信教材を利用してみましょう。SATの教材はブック式の参考書の他に、専門の講師が行った講義を収録したDVDやeラーニングがついていきます。また、分からない箇所はすぐにメールで質問ができるので、まるで予備校に通っているような気持ちで勉強できるでしょう。参考書に比べると通信教材の値段は高価です。しかし、勉強を手助けしてくれるサポート付きですから、合格できる可能性もぐっと高くなるでしょう。独学で勉強したけれど残念ながら不合格だったという方にもおすすめです。

5.電験3種の試験に対するよくある質問

Q.数学がとても苦手ですが、試験に合格できますか?
A.電卓が持ち込み可能ですから、単純な計算ミスをする可能性は低いでしょう。後は、公式の使い方をしっかりと身に着けられるかどうかです。人よりも時間はかかるかもしれませんが、勉強法を工夫すれば合格はできます。

Q.独学に向いている方はどういう人でしょうか?
A.断言はできませんが、電気の知識がある方や、電気の専門学校・大学の合学部の学生、電気工事士の資格を持っている方ならば、独学でも合格しやすいと思います。

Q.通信教材は中身を確認できないので不安です。
A.SATを含め、ほとんどの通信教材を扱っている会社は、返品を受けつけています。合わない場合は返品できますので、まずは試してみるとよいでしょう。

Q.1日何時間くらい勉強すれば合格できますか?
A.一概には言えませんが、毎日30分でも勉強した人の方が、週末に何時間もまとめて勉強するより合格率は高いのです。1日何時間以上ではなく、毎日勉強する習慣をつけましょう。

Q.電験3種を飛ばして2種を受験することは可能ですか?
A.できますが、全く知識がない状態で2種の勉強をしてもまず理解できません。3種からチャレンジしましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は電験3種の試験勉強の方法やおすすめのテキスト・問題集について解説しました。電験3種は人気の資格ですので、参考書もたくさん発行されています。インターネットショップでも販売されていますが、できれば自分の目で見て購入しましょう。通信教材も業者がホームページを開設していれば、中身を一部公開していることもあります。