電験3種の試験は計算問題が中心! その勉強方法とは!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種とは、第3種電気主任技術者の略称で、事業用電気工作物の保安業務を行える資格です。電気関係の資格の中では難易度が高い資格の1つであり、取得すれば就職・転職に大変役立ちます。学生から社会人まで人気の資格なため、取得を目指して勉強に励んでいる人も多いでしょう。電験3種の試験は計算問題が多いことが特徴です。
そこで、今回は電験3種に出題される計算問題を中心に、資格取得の方法などを解説します。

  1. 電験3種の基礎知識
  2. 電験3種の試験における計算問題について
  3. 電験3種の試験勉強について
  4. 試験の申し込み方法
  5. 電験3種の計算問題に関するよくある質問

この記事を読めば、電験3種に合格するための勉強方法についてもバッチリです。電験3種の取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験3種の基礎知識

電験3種とは、電気主任技術者の資格区分の1種で、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行える資格です。電気主任技術者の中では最も下位の資格区分ですが、取得すればオフィスビルや商業施設・学校・ホテルなどの多くの施設で電気設備の保安監督業務を行えます。また、電気主任技術者の中では最も取得しやすい資格ということで、学生から社会人まで人気です。取得すれば、未経験でも一定の求人もあり、経験を積めば独立もできます。工業高校や大学で電気関係の勉強を行っている人や、電気関係の仕事に就いている人は、取得しておいて損はないでしょう。