電験3種を定年後に取得するメリットや再就職に活かす方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第3種電気主任技術者(以下、電験3種)とは、オフィスビルや商業施設などで使われている、事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。電気関係の資格の中では、難易度の高い試験の1つであり、有資格者を求めている職場もたくさんあります。受験資格が特に定められていないので、中高年になってから取得を目指す方も珍しくありません。

そこで、今回は定年後に電験3種の資格を取得する方法や資格の生かし方を解説します。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 定年後の電験3種を取得することは可能?
  3. 電気主任技術者試験の勉強などについて
  4. 電験3種に対するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格するための勉強のコツなども分かることでしょう。電験3種の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電験3種とはどのような資格?

電験3種とは前述したように、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができる資格です。事業用電気工作物とは、高電圧の受電設備・変電設備・配線・発電設備などで、オフィスビルや大規模な商業施設・ホテルや旅館・学校などに設置されています。

事業用電気工作物は、電気事業法によって設置者が定期的に自主点検をするように義務づけられており、自主点検は電気主任技術者の有資格者でないと行えません。

電圧が5万V未満の事業用電気工作物を設置している施設はたくさんありますので、有資格者の需要も高くなっているのです。

12