電験3種の取得を目指している方必見! 電験の仕事内容とできること!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工業系の学校に在学中の方や、電気設備の保守・保安にまつわる仕事をされている方に最近人気なのが電験3種の資格です。電験3種を取得すれば、できることが増えてステップアップにつながります。ぜひ、この機会に電験について学んでみてください。

  1. 電験3種の基礎情報
  2. 電験3種でできることとは?
  3. 電気主任技術者の試験と勉強法について
  4. 電気主任技術者におけるよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者について学ぶことができます。効率的な勉強法や試験にまつわる基礎知識など、知っておくと得する情報ばかりです。最後までおつきあいくださいね。


1.電験3種の基礎情報

1-1.電験の定義

電験は、正式には「電気主任技術者」といい、1種から3種までに分けられます。ですから、電験3種といえば、通常は第三種電気主任技術者のことです。

1-2.電気主任技術者ってどんな資格?

電気主任技術者は、事業用電気工作物に関する保守や管理、点検などを行うことができる資格です。事業用電気工作物とは、工場や発電所、大規模商業施設、ビルなど、高電圧の電気を使用する施設における発電・配電・受電設備のことを指します。この「事業用電気工作物」は、電気事業法によって定期的な点検が義務付けられており、その点検をすることが可能な資格が電気主任技術者なのです。

1-3.電気主任技術者の種類について

電気主任技術者の資格は、第1種~第3種までの免状の種類によって、扱うことが可能な電気工作物の電圧が変わってきます。

1-3-1.第三種電気主任技術者

第三種電気主任技術者は、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力が5,000キロワット以上の発電所は除く)における、工事・運用・維持の保安監督に就くことができます。

1-3-2.第二種電気主任技術者

電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物における工事・運用・維持の保安監督に就くことができます。

1-3-3.第一種電気主任技術者

すべての事業用電気工作物における工事・運用・維持の保安監督に就くことができます。

1-4.目的、必要性

毎年、一般家庭でも漏電などによる事故などが発生しています。一般家庭で起こっていることが、もしも大電力を扱う工場や発電所で起きたらどうなるでしょうか? たとえば、化学薬品を扱う工場などで電気火災が発生すれば、周辺地域に大きな災害を及ぼします。また、発電所で発生すれば、電気を受け取っている何万人もの人たちに損害が起きてしまうでしょう。電気は私たちに欠かせないエネルギーであるとともに、非常に恐ろしい力を持っています。ですから、大電力を扱う施設では、事故を防ぐための保守を行うことがとても重要なのです。

1-5.主な業務

選任された主任技術者は、保安規定を制定し、経済産業省に届け出を行います。保安規定を定める際の内容は以下のとおりです。

  1. 電気工作物の工事・維持、または運用に関する業務を管理する者の職務および「組織」に関すること
  2. 電気工作物の工事・維持、または運用に従事する者に対する「保安教育」に関すること
  3. 電気工作物の工事・維持、または運用に関する保安のための「巡視・点検・検査」に関すること
  4.  電気工作物の「運転・操作」に関すること
  5. 発電所の運転を相当期間停止する場合における「保全方法」に関すること
  6. 「災害・非常時などに取るべき措置」に関すること
  7. 電気工作物の工事・維持・運用に関する保安についての「記録」に関すること
  8. 「電気工作物の法定事業者検査にかかわる実施体制と記録の保存」に関すること
  9. そのほか、電気工作物の工事、維持および運用に関する保安に関し必要な事項
12