電験3種の試験科目にはどんなものがある? 効率的な勉強法はコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第3種電気主任技術者(通称・電験3種)は、受験資格が定められておらず、誰でもチャレンジできる電気関係の資格です。取得すれば事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、有資格者を求めている職場もたくさんあります。実用性が高い人気の資格であり、毎年多くの方が取得を目指す資格としても有名です。その一方で試験は年々難化傾向にあり、合格率は10%を切る年も珍しくなくなりました。

そこで、今回は電験3種の勉強法についてご紹介します。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電験3種の試験内容や難易度について
  3. 電験3種の科目別勉強方法など
  4. 電験3種の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、科目ごとの勉強方法についてもよく分かることでしょう。電験3種の試験に挑戦したいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.電気主任技術者の基礎知識

はじめに、電気主任技術者とはどのような資格かということを解説します。どのような場所で働くために必要な資格なのでしょうか?

1-1.電気主任技術者について

電気主任技術者とは、工場や発電所・変電所・オフィスビル・商業施設などに設置されている、高電圧の受電設備や配線等の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができる資格です。
このような事業用電気工作物は定期的な自主保安が法律によって義務付けられており、職場によっては電気主任技術者の選任が義務づけられています。
事業用電気工作物を設置している施設は日本中にたくさんあるため、電気主任技術者の需要も高いのです。資格を取得していれば、未経験でもかまわないと求人を行っている事業所もあります。

1-2.電気主任技術者の種類について

電気主任技術者には、第1種から第3種まで3つの種類があります。第1種はすべての事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、取得するには大学の工学部電気科を修了した程度の知識が必要です。
第2種は、電圧が17万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、取得するには電気関係の専門学校や高専を修了した程度の知識が必要になります。
第3種は、電圧が5万V未満の事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、取得するには工業高校の電機科を修了した程度の知識が必要です。

前述したように電気主任技術者の受験資格は定められていませんが、全く知識のない状態から勉強を始め、いきなり第1種や第2種に挑戦するのは無理があります。電気の専門的な勉強を行ってきた人以外は、まず第3種から取得を目指しましょう。

1-3.電気主任技術者の仕事や求人について

電気主任技術者の仕事は、事業用電気工作物を設置してある施設などに直接雇用されるか、電気工作物の保安監督業務を請け負っている会社に入社して行います。電験3種を取得している場合は、保安監督業務を請け負っている会社に入社する方が多いでしょう。5年以上実務経験を積めば、独立も可能です。
この他、ビルメン(ビルメンテナンス業務)を行っている会社でも、有資格者を求めています。ビルメン業界に就職したいという方は電験3種を取得すれば、とても有利です。

12