第二種電気工事士の過去問活用法とは? 試験の難易度などと共に解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は、文字どおり電気工事を行うことができる国家資格です。一般住宅から高層ビルまでのあらゆる建築現場で、電気工事は欠かせません。資格を取得すれば色々な工事現場やリフォーム現場などで需要があるため、社会人にも人気の資格となっています。電気工事士には一種と二種があり、まずは二種から取得することが一般的です。

そこで、今回は第二種電気工事士試験の難易度や過去問の活用方法・勉強のコツなどをご紹介しましょう。

  1. 第二種電気工事士の基礎知識
  2. 第二種電気工事士を取得する方法
  3. 過去問を活用した第二種電気工事士の勉強方法
  4. 第二種電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、第二種電気工事士がどのような資格かということや試験勉強のコツなどが分かります。電気工事士に興味がある方や資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.第二種電気工事士の基礎知識

はじめに、第二種電気工事士の概要や資格を取得するメリット、受験資格の有無などをご紹介します。資格を取得すれば、どのような職務に就けるのでしょうか?

1-1.第二種電気工事士とは?

電気工事士とは、自家用電気工作物や一般用電気工作物の工事が行える資格です。私たちの生活に電気は欠かせません。コンセントを差し込めば電気が使えるのは、電気の配線工事などが行われているためです。その一方で、電気工事を正しく行わないと火災や漏電事故の原因となるでしょう。そのため、電気工事は電気工事士の有資格者しか行えないことになっています。

電気工事士は第一種と第二種があり、第二種電気工事士の資格を取得すると一般住宅や店舗などにある600V以下で受電する設備の工事を行うことが可能です。ちなみに、第一種を取得すると第二種取得で行える工事に加え、最大電力500kw未満の工場、ビルなどにある受電設備の工事が行えます。

1-2.第二種電気工事士が人気の理由

電気工事士は第一種・第二種共に受験資格はありません。性別・年齢・学歴・国籍を問わずに受験可能です。ただし、第一種の場合は試験に合格しても、電気工事の実務経験が3年~5年なければ免許が交付されません。そのため、まずは第二種電気工事士を取得して電気工事の実務経験を積み、第一種を受験する方法が一般的です。
第二種電気工事士の資格は、需要が高い割には試験の難易度が低いという特徴があります。全く勉強しなければ受かりませんが、今まで電気とは無関係の仕事に就いていた方も、十分に合格が可能です。

1-3.電気工事士の需要について

電気工事士は、電気工事が必要なありとあらゆる場所に需要があります。第二種でも一般住宅の建築工事やリフォーム工事の現場に欠かせません。また、ビル管理の仕事でも電気工事士の資格を取得していれば、何かと便利です。ちょっとした電気工事ならば行えますし、消防設備士の資格と併せ持てば消防設備の工事・整備・点検が行えます。
現在では、ビル管理の仕事に就くには第二種電気工事士と消防設備士の資格を持っていると断然有利といわれているのです。もちろん、転職にも大変有利な資格といえるでしょう。

12