第二種電気工事士になるには?申し込み方法や試験対策を紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

就職や転職に有利になるよう資格を取得したい、という方はたくさんいるでしょう。
しかし、資格の中にも就職や転職に役に立つものとそうでないものがあります。
企業からの需要が高い資格といえば、電気関係の資格です。
そこで、今回はその中でも比較的取得しやすい第二種電気工事士についてご紹介しましょう。
電気関係の入門的な資格なので、取得したいと考えている方も多いと思います。

  1. 第二種電気工事士とはどんな資格?
  2. 第二種電気工事士の難易度はどのくらい?
  3. 第二種電気工事士の資格を取得する方法とは?
  4. 第二種電気工事士の資格取得までの流れ
  5. 第二種電気工事士に合格するための勉強方法
  6. 第二種電気工事士に対するよくある質問

しかし、試験内容や申し込みの方法、さらに資格を役に立てることができる職場などを知らない方も少なくないでしょう。
この記事を読めば、電気工事士の資格取得の方法から役立て方まで分かります。資格取得を目指す方は必見ですよ。


1.第二種電気工事士とはどんな資格?

始めに、第二種電気工事士とはどのような資格かということをご紹介していきます。どのような場所で必要とされているのでしょうか?

1-1.電気工事士の資格を取得するとできること

電気工事士とは、一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事に従事することができる資格のことです。
これだけでは理解しにくいと思いますので、もう少し詳しく説明していきましょう。
電気工作物とは、建物内に設置された受電設備や屋内配線、電気使用設備の総称です。
つまり、電気を使用できるように工事をしたり、壊れた電気設備を修復したりするには、電気工事士の資格が必要になります。

1-2.電気工事士の種類

電気工事士には、第一種と第二種の2種類があります。
第一種は500kW未満の自家用電気工作物と一般用電気工作物の電気工事が可能です。
自家用電気工作物とは、工場、ビル、商店などの不特定多数が利用する場所に設置されている電気使用設備のこと。
一般用電気工作物とは、一般家屋や小規模商店、600V以下で受電する電気設備などです。
第二種電気工事士は、一般用電気工作物の電気工事だけができます。
つまり、第二種電気工事士は、小さな個人商店や一般住宅などの電気工事はできますが、工場や商業施設などで使われる大規模受電施設の場合は、第一種電気工事士の資格が必要です。
とはいえ、一般住宅や小規模商店の電気工事の件数も少なくはありません。取得しておいて損はないでしょう。

1-3.電気工事士の資格だけではできない電気工事とは?

ネオンサインなどの特殊分野の電気工事、さらに非常用予備発電装置の工事は電気工事士の資格を取得していても行えません。
しかし、これらの工事ができる資格は電気工事士の資格を取得し、実務経験を5年以上積めば講習を受講することで取得できます。
また、第二種電気工事士の資格を取得している方向けの資格に「認定電気工事従事者」もあるのです。
これは、自家用電気工作物のうち、簡易電気工事を行うことができる資格。
これも電気工事士の資格を取得していれば、講習を受講して取得することができます。
つまり、電気工事士の資格を取得すれば、ほかの電気工事の資格を取得する資格も得られるのです。

1-4.第二種電気工事士の資格をいかせる職場とは

第二種電気工事士の資格をいかせる職場としては、まず「電気工事を請け負う業者」があげられます。
どんな建物や設備でも電気工事は欠かせません。電気工事は無資格では行えませんので、需要は高いです。
また、ビルメンテナンスを請け負う業者からも需要が高いでしょう。ビルメンテナンスとは、ビルの空調や給排水、電気設備などが正常に動き続けるように整備をしたり監視をしたりする仕事です。
設備が故障した場合は、専門の業者が修理にあたりますが、ちょっとした故障くらいは直せるように、資格取得者は優遇されます。
また、3年以上の実務経験を積めば各都道府県の電気担当窓口に必要書類を提出すれば、独立して「登録電気工事業者」になることもできるのです。
ただし、第二種電気工事士だけではできることが限られているので、最低でも認定電気工事事業者、できれば第一種電気工事士を取得してから独立しましょう。

2.第二種電気工事士の難易度はどのくらい?

第二種電気工事士の難易度は電気関係の資格の中でやさしいです。電気に関する知識がない方でも、合格することはできるでしょう。
また、この資格を取得してからより上位の資格を目指す方も少なくありません。
とはいえ、第二種電気工事士の試験には、「筆記」と「実技」があります。
この「実技」とは、実際に配線図を読み取り実物を完成させなければなりません。
しかも、重大な間違いを1か所すればそれで不合格になります。
「簡単な試験だからそれほど勉強しなくても大丈夫だろう」と思っていると、合格することはできません。

3.第二種電気工事士の資格を取得する方法とは?

第二種電気工事士の資格を取得するには、試験を受けて合格する方法と、所定の学校に通い定められた単位を取得する方法があります。
これは、経済産業大臣が指定した電気工事士養成施設のことです。
公共職業訓練施設も含まれていますが、全国すべての訓練施設で行われているわけではなく、競争率も高いので受講できたら幸運だと思いましょう。
手っ取り早く資格を取得したいという場合は、試験を受けるのが一番早いです。
ちなみに、第二種電気工事士に受験資格はありません。誰でも受験可能となっています。

4.第二種電気工事士の資格取得までの流れ

では、試験を受けてから合格するまでの流れをご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

4-1.受験の申し込み方法

第二種電気工事士の試験は、「一般財団法人電気技術試験センター」が執り行っています。
受験を申し込むには、ホームページから申し込む方法と、ゆうちょ銀行(郵便局)の払込取扱票による受験申し込みです。
願書の提出などはないので、注意しましょう。
インターネットで申し込んだ方が簡単ですし、受験料も安くなります。
ちなみに、払込取扱票による受験申し込みの手数料は9600円。
インターネットにより申し込みの場合は、9300円です。
申し込みがきちんと行われていれば、試験日の2週間前までに受験票が届きます。
必要事項を記入して試験に備えましょう。

4-2.試験内容

前述したように、第二種電気工事士には筆記試験と実技試験があります。
筆記試験の内容は、

  • 電気に関する基礎理論
  • 配電理論および配線設計
  • 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料および工具
  • 電気工事の施工方法
  • 一般用電気工作物の検査方法
  • 配線図
  • 一般用電気工作物の保安

の7科目からなり、科目ごとに時間は分かれていません。
試験時間は2時間で、自分で時間配分を行いましょう。
実技試験は実際に工具を使って配線図から実物を組み立てます。
必要な工具はドライバーやニッパなど。
インターネットを検索すれば、「電気工事士試験セット」などの商品名で必要な工具一式がセットになったものが販売されています。
工具を持っていない方は、セットを購入するとよいでしょう。
なお、工具は必ず試験前に使って慣らしておいてください。

4-3.筆記試験免除の条件

第二種電気工事士では、昨年筆記試験に合格した方、工業高校などで所定の単位を取得した方、電気主任技術者の資格を取得している方は、筆記試験が免除になります。
工業高校や専門学校、大学などを卒業したり在学していたりする方は、単位を確認してみてください。
なお、前年度合格による免除の有効期限は1年間だけです。
実技試験だけ不合格だったという方はしっかりと勉強して合格できるようにしましょう。

4-4.試験の日程について

第二種電気工事士の試験は、上期と下期に分かれています。
平成28年度の場合は、上期が6月5日、下期が10月1日でした。
ただし、両方の日程で試験を受けることはできません。
チャンスは1年に1度だけです。
会場は全国各地の大学や専門学校が指定されます。受験票に書いてありますので、事前に確認してください。

4-5.合格したら?

試験に合格したら、免状交付申請を行います。
これには合格通知書が必要ですので届いたら必ず保管しておきましょう。
必要書類に必要事項を記入し、各都道府県の電気工事士免状担当窓口に申請します。
これは、各自治体の市役所などに問い合わせれば教えてくれますので、分からない場合は尋ねてみましょう。
試験に合格しても免状を申請しなくては、資格を取得したことになりません。
必ず忘れずに申請してください。
なお、一度申請してしまえば書き換えなどは不用です。

5.第二種電気工事士に合格するための勉強方法

では、電気工事士に合格するためにはどのように勉強すればよいのでしょうか?
この項ではその方法やコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

5-1.独学か、通信教育か

電気工事士の勉強方法は、独学と通信教育の2種類があります。
合格率が60%~70%の資格なので、独学で十分と思われる方もいるかもしれません。
確かに、電気の知識が多少でもあり、日曜大工なども得意ならば独学でも大丈夫です。
今は、実技試験用のキットなども販売されています。
しかし、電気の知識が皆無であったり、独学で勉強したが不合格になってしまったりしたという場合は通信教育の方がおすすめです。
通信教育は、模擬試験に回答して郵送すれば添削して返してくれます。
また、質問にもメールで答えてくれますので、分からないことがほうりっぱなしになりません。
実技試験のキットもついてきますから、一つ通信教育を利用すれば、ほかの参考書などは必要なくなります。

5-2.おすすめの参考書

独学で勉強する場合は、参考書を読んで過去問を解くということをくりかえして勉強します。
ここではおすすめの参考書をご紹介しましょう。

ぜんぶ絵で見て覚える、すい~っと合格シリーズ
第二種だけでなく、第一種の参考書や過去問も発売されている人気参考書です。
名前のとおり絵がふんだんに使われており、文章を読むよりも頭に入ってきやすい構成になっています。
全く知識のない方でも分かりやすい参考書として人気が高いのです。

第1・2種電気工事士のためのやさしい数学
全く電気のことが分からない、数学が苦手という方のための参考書です。学校を卒業してだいぶ時間がたち、全く数学を忘れてしまったという方は、まずこれで勉強しなおしましょう。

黒本合格シリーズ
これは、過去問題集になります。
黒本シリーズは過去問題集の中でも分かりやすいと評価が高いので、初めて試験にチャレンジする方にぴったりです。

5-3.SATの学習教材を利用しよう

SATはテキストと講義形式のDVDテキストが一緒になった通信教材です。
書店で売っている問題集よりも高額だ、と敬遠する方もいますがこれ一つに参考書、過去問題集、添削、さらにメールで何度でも分からないことを質問できる権利などがセットになっています。
つまり、これを購入すればほかの教材や参考書は何もいりません。
第二種電気工事士は誰でも受験ができる試験ですが、電気の知識が全くない方は苦戦するでしょう。
さらに、社会人の方は勉強時間の確保も難しいと思います
SATの学習教材は、目で読むだけでなく耳で聞くこともできるうえ、分かりやすく要点がまとめられた参考書もつくのです。
1日30分でもいいから勉強したい、という方にはぴったり。
また、参考書はどれも薄いため、持ち歩くのにも便利。通勤時間や昼休みなど隙間時間を活用したい方にも最適です。
さらに、購入してはみたがどうも自分には合わないと思った場合は、到着後30日以内にご連絡いただければ、講座代金は全額返金いたします。

6.第二種電気工事士に対するよくある質問

Q.受験勉強は独学でも可能でしょうか?

A.可能ですが、全く知識がない場合は通信教育の方がおすすめです。

Q.実技試験の対策はどうしたらよいでしょうか?

A.模擬試験キットが発売されていますので、それを購入して練習しましょう。参考書だけを読んでぶっつけ本番というわけにはいきません。

Q.40代ですが資格を取得するメリットはありますか?

A.電気工事士を取得した後、電気主任技術者なども取得すれば、60代以降になっても需要は高いでしょう。

Q.高校生ですが、資格にチャレンジしても大丈夫ですか?

A.問題ありません。工業高校などの場合は学校でまとめて受験することも珍しくないのです。

Q.通信教育のメリットはどこにありますか?

A.分からないところを質問できるというのが最大のメリットです。また、添削が返ってくれば、自分の弱点も分かるでしょう。さらに、法律などが変わった場合の参考書の修正も、通信教育の方が早いのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は第二種電気工事士の資格についていろいろとご紹介しました。
この資格をきっかけにさらに上位の資格を目指せば、独立開業も夢ではありません。
機会があればぜひチャレンジしてみましょう。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験3種を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る!30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で電験3種試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。 最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。電験3種の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き
1.30日間返金保証!
2.2年間の質問無料サポート!
3.2年間の長期破損保証!

最短合格の入り口はこちら