月別アーカイブ 2018年7月

電験三種の偏差値はどのくらい? 難易度や合格率と共に解説

電気主任技術者第三種(以下、電験三種)は、事業用電気工作物の保安業務を行うことができる資格です。難易度が高い資格であり、有資格者を求めている職場もたくさんあります。資格取得を目指して勉強に励んでいる人も多いことでしょう。その一方で「資格の偏差値を確認したら、思いのほか高かったので自信がなくなった」という人もいると思います。確かに、資格の偏差値は難易度を測る目安にはなりますが、うのみにする必要はありません。
今回は、電験三種の偏差値や実際の難易度、勉強のコツなどを紹介しましょう。

  1. 資格の偏差値とは何か
  2. 電験三種の偏差値と合格率・難易度について
  3. 電験三種の資格取得方法
  4. 電験三種に関するよくある質問

この記事を読めば、電験三種の勉強方法などもよく分かるはずです。電験三種の取得を目指している人は、ぜひ読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加