月別アーカイブ 2018年1月

電験の機械科目は難易度が高め!? 合格するための勉強法とポイント

電験とは、電気主任技術者試験の略称で、電気工作物の工事・維持・運用に必要な国家資格を取得するための試験です。電気主任技術者は第一種・第二種・第三種の3種類があり、試験科目と出題範囲が異なります。試験科目の中には、電気機器・電熱・照明・電気加工などが含まれる「機械科目」があるのです。機械科目をマスターするためには、電気機械の構造をきちんと把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、電験の機械科目について説明します。

  1. 電験の機械科目とはどんなものか
  2. 電験の機械科目の重要な点
  3. 電験の機械の勉強法
  4. 電験の機械科目に関してよくある質問

この記事を読むことで、電験の機械科目の勉強法とポイントが分かります。資格取得を目指している方は、ぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験の試験で電卓が必要な理由とは? 使い方のテクニックと共に解説!

電気主任技術者(以下、電験)は、事業用電気工作物の保安業務を行える資格です。電気関係資格の中でも需要が高く、取得すれば就職や転職に有利になるでしょう。そのため、多くの人が取得を目指して勉強に励んでいます。その一方で、電験の試験は計算問題が大部分を占めており、難しいことでも有名です。そのため、電卓の持ち込みが許可されています。
そこで、今回は電験の試験で電卓をうまく使う方法を中心に、試験の内容や勉強のコツを解説しましょう。

  1. 電験の試験で電卓が必要な理由
  2. 電卓の選び方と注意点
  3. 電卓の使い方テクニック
  4. 電験の勉強方法
  5. 電験に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、電卓の選び方や使い方などもよく分かります。電験の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加