月別アーカイブ 2017年8月

ビルメンに将来性はあるのか? 求人の傾向や取得すべき資格について

ビルメンテナンスは、建築物を安心・安全に使用するために必要な業務のことです。通称・ビルメンと呼ばれており、ビル設備の保守点検やテナントとの橋渡しなど、重要な役割を担っています。役立つ資格は多数ありますが、有名なのはビルメン4点セットと呼ばれる資格です。ビルの運営には必要な仕事だからこそ、将来性があり、求人数も安定しているので人気があります。より条件の良い職場で働くためには、資格を取得したほうが就職・転職に有利です。そこで、本記事では、ビルメンの基礎知識から仕事や職場・将来性・おすすめの資格について説明します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメンの仕事・職場について
  3. ビルメンの将来性について
  4. ビルメンにおすすめの資格について
  5. ビルメンに関してよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンの将来性や取得したほうが良い資格など詳しく知ることができます。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者の外部選任とは何か? 必要な要件などを解説します。

電気主任技術者の外部選任とは、事業用電気工作物の自主点検を外部の業者や個人事業主に委託することです。事業用電気工作物は電気事業法で定期的な自主点検が定められています。基本的には設置してある設備の持ち主が電気主任技術者を雇用し、点検を行わなくてはなりません。しかし、さまざまな理由で直接雇用が難しいところもあるでしょう。そのため、事業用電気工作物のうち、限られたものの自主点検は、外部選任を行うことができます。
今回は、電気主任技術者の外部選任ができる要件などを解説しましょう。

  1. 電気主任技術者と事業用電気工作物の自主点検
  2. 電気主任技術者の外部選任とは?
  3. 電気主任技術者の資格を取得する方法
  4. 電気主任技術者の外部選任に対するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の仕事内容などもよく分かりますよ。電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気事故の報告はどのようにすればいい? 報告先や方法を解説します。

電気事故とは、電気機器や電気設備の故障や不良、さらに誤った使い方などによって発生する事故の総称です。電気を使っている場所すべてで発生する可能性があります。特に、高電圧の電機を使用する事業用電気工作物(自家用電気工作物)で電気事故が発生すると、周辺の電気設備に影響を与えたり、事故を起こした人が死亡したりすることも珍しくありません。そのため、電気事業法によって電気事業者や自家用電気工作物を設置している施設の所有者は、電気事故が起きた場合に報告義務が定められています。
今回は、電気事故の報告義務について解説しましょう。

  1. 電気事故とは何か?
  2. 電気事故の原因と対策
  3. 電気事故の報告について
  4. 電気事故報告に対するよくある質問

この記事を読めば、電気事故の報告方法だけでなく対策方法などもよくわかりますよ。電気関係の仕事に就いている方や、電気関係の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【必読】電気通信設備工事担任者の資格取得に必要な知識とは?

電気通信設備工事担任者は、電気通信回線と端末設備などを接続するために必要な資格です。⼯事担当者の資格は、法令で定められた国家資格なので社会的信用を得ることができます。現在、情報社会となっており、電気設備工事担当者の需要が高まりつつあるのです。しかし、どうすれば資格が取得できるのか、分からない方は多いでしょう。そこで、本記事では、電気通信設備工事担当者の基礎知識や職務・メリット・資格取得の方法について説明します。

  1. 電気通信設備工事担当者の基礎知識
  2. 電気通信設備工事担当者の職務
  3. 電気通信設備工事担当者のメリット
  4. 電気通信設備工事担当者の資格取得について
  5. 電気通信設備工事担当者に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気通信設備工事担当者について分かり、資格を取得するために必要な知識を身につけることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加