月別アーカイブ 2017年4月

登録電気工事基幹技能者とはどんな資格? どうすれば取得できるの?

登録電気工事基幹技能者とは、民間資格である登録基幹技能者の一つです。高い技術力と豊富な経験の他、マネジメント能力が優れている証明にもなり、取得者は管理施工技士の補佐を任されることが多いでしょう。また、職長などの責任ある立場を任されることもあり、取得すれば昇給や出世の道も開けます。

そこで、今回は登録電気工事基幹技能者になるための方法や条件について解説しましょう。

  1. 登録電気工事基幹技能者の基礎知識
  2. 登録電気工事基幹技能者の資格を取得する方法
  3. 登録電気工事基幹技能者に求められるスキル
  4. 登録電気工事基幹技能者に対するよくある質問

この記事を読めば、登録電気工事基幹技能者を取得するメリットも分かりますよ。第一種電気工事士の資格を取得している方や登録電気工事基幹技能者に興味がある方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種を取得したい方必見! 一押し問題集やテキスト・勉強方法は?

電気主任技術者とは、工場やオフィスビル・大型商業施設などに設置されている事業用電気工作物の保安監督業務を行うことのできる資格です。1種から3種まであり、通常は「電験」「電験○種」という略称で呼ばれています。受験資格が定められていないので、誰でも受験できて転職や就職に有利な資格として人気です。

そこで、今回は電験3種取得を目指す方向けに、テキストや問題集の選び方や勉強方法のコツを解説します。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種の資格取得方法
  3. 電験3種の試験の特徴とおすすめの問題集
  4. 独学が難しい方必見!! おすすめの勉強方法
  5. 電験3種の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、問題集やテキストの選び方だけでなく合格しやすい勉強方法も分かることでしょう。電験3種の試験にチャレンジしてみようと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事士に将来性や需要はあるの? 資格取得のポイントを徹底解析

ビル・工場などの大規模施設や商店・一般住宅には、電気設備があります。電気設備は発電から送配電、電気を使用する機器を含めた設備のことです。私たちの生活において電気は必要不可欠なものであり、電気設備がなければ利用できません。そんな電気設備の工事ができるのは、電気工事士という資格を取得している人だけです。電気を必要とする限り、電気工事士の需要はあります。しかし、今需要のある資格でも数年後は需要がなくなるのでは、将来性はあるのか、不安になるでしょう。そこで、本記事では、電気工事士の基礎知識や将来性・資格取得の方法などについて詳しく説明します。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の仕事・職場について
  3. 電気工事士の将来性について
  4. 電気工事士の資格について
  5. 電気工事士の試験について
  6. 電気工事士の資格取得のための勉強法
  7. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の将来性を知ることができ、資格取得のために必要な知識を身につけることができます。取得を考えている方はぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者の責任範囲はどのくらい? 仕事内容と共に解説します。

電気主任技術者とは、オフィスビルや商業施設・工場・発電所などに設置されている受電設備や配線設備などの保安監督業務を行うことのできる資格です。高電圧の電気を受電・配電・変電する設備を事業用電気工作物と言い、電気主任技術者による定期的な点検が義務づけられています。需要が高く転職にも有利なので、幅広い年代の方が取得を目指している資格です。

今回は、電気主任技術者の責任範囲について解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の職務について
  2. 電気主任技術者の責任範囲について
  3. 電気主任技術者の資格について
  4. 電気主任技術者の責任範囲に対するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の仕事内容についてもよく分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事士の講習会って何? 受講が必要なのは一種? 二種?

電気工事士とは、電気工事を行う際に必要な資格です。工事の中には、有資格者の監督下であれば無資格者でも行うことができるものもありますが、電気工事は必ず資格を取得しなければ行うことはできません。電気工事士には第一種と第二種があり、第一種は資格取得後も定期的に講習会の受講が義務づけられています。

そこで、今回は電気工事士の講習会について解説しましょう。

  1. 電気工事士の基礎知識
  2. 電気工事士の講習について
  3. 電気工事士試験に合格するコツ
  4. 電気工事士の講習会に対するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士を取得する方法も分かりますよ。電気工事士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の試験科目にはどんなものがある? 効率的な勉強法はコレ!

第3種電気主任技術者(通称・電験3種)は、受験資格が定められておらず、誰でもチャレンジできる電気関係の資格です。取得すれば事業用電気工作物の保安監督業務を行うことができ、有資格者を求めている職場もたくさんあります。実用性が高い人気の資格であり、毎年多くの方が取得を目指す資格としても有名です。その一方で試験は年々難化傾向にあり、合格率は10%を切る年も珍しくなくなりました。

そこで、今回は電験3種の勉強法についてご紹介します。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電験3種の試験内容や難易度について
  3. 電験3種の科目別勉強方法など
  4. 電験3種の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、科目ごとの勉強方法についてもよく分かることでしょう。電験3種の試験に挑戦したいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事を無資格で行う危険性や罰則は? 有資格者の監督下でも不可?

電気工事とは、電気工事士法において一般用電気工作物または自家用電気工作物のうち最大電力500kW 未満の需要設備(以下、自家用電気工作物という。)を設置・変更・撤去する工事と定義されています。電気工事は電気工事士法で定めるとおり作業に従事する者の資格及び義務を定めるとともに、電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与することを目的としています。即ち無資格者が違法で電気工事を行い火災をはじめとする災害を防止する必要があります。よって有資格者が専門家としての知見をもって工事を行う必要性があるわけです。

そこで、今回は電気工事を無資格で行う危険性や罰則、電気工事を行うことのできる資格の取得方法をご紹介しましょう。

  1. 電気工事の基礎知識
  2. 無資格者が電気工事を行う危険性
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士・電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事を無資格者が行う危険性がよく分かりますよ。電気工事士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加