月別アーカイブ 2017年3月

電気主任技術者の兼任条件は? どんな設備ならば兼任が可能?

電気主任技術者とは、工場や高層ビル・複合商業施設などで電気設備の保安監督業務を行うための資格です。一定の電圧を超える受電設備や発電設備・変電設備などは定期的な自主点検が義務付けられています。加えて、そのような電気設備を備えている施設は、電気主任技術者の選任も必要です。しかし、何らかの理由で電気主任技術者の選任が難しい場合もあるでしょう。そのような場合は、条件を満たせば電気主任技術者を兼任させることができます。

そこで、今回は電気主任技術者の兼任条件について解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の兼任条件について
  3. 電気主任技術者の資格取得方法や勉強方法
  4. 電気主任技術者の兼任に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の働き方についてもよく分かりますよ。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者の就職先にはどんな場所があるの? 徹底解説します。

電気主任技術者とは、事業用工作物の保安監督を行える資格です。事業用工作物には電気事業法で自主保安が義務づけられているため、電気主任技術者の有資格者はいろいろな場所で需要があります。資格取得を目指して勉強をしている方も多いことでしょう。その一方で、就職先について不安合を抱えている方はいませんか?

そこで、今回は電気主任技術者の就職先について解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の就職について
  3. 電気主任技術者の試験について
  4. ​受験勉強の方法や合格のコツ
  5. 電気主任者の就職に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の働き方がよく分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者と電気工事士の違いとは?資格の特徴を徹底解説

電気にかかわる仕事に就く際、必要な資格といえば、電気工事士と電気主任技術者が挙げられます。どちらも有資格者でないとできない仕事が多く、電気にかかわる仕事の求人には、このどちらかの資格を取得していることが条件になっていることがほとんどです。電気工事士や電気主任技術者の資格を取得したいと思っている方も多いことでしょう。しかし、2つの資格の違いが今ひとつ分からず、どちらを取得するべきか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は、電気主任技術者と電気工事士の違いをご紹介します。

  1. 電気工事士・電気主任技術者の基礎知識
  2. それぞれの資格の相違点などについて
  3. 資格取得の方法
  4. 電気主任技術者・電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、もう悩むことはありません。電気工事士や電気主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気設備の保守・保安について知りたい方へ! 電気設備の基礎知識!

電気設備の保守・保安にまつわる仕事をされている方や、これからかかわりたいと考えている方にとって人気なのが電気主任技術者の資格です。そこで、まずは電気設備の保守・保安についての基礎的な知識をご紹介してきたいと思います。

  1. 電気設備とは?
  2. 電気設備の保守管理について
  3. 電気設備の保守管理に関係する資格について
  4. 電気主任技術者の資格ついて
  5. 電気主任技術者にまつわるQ&A

この記事を読むことで電気設備にまつわる基本的なことを知ることができます。また、電気設備といえば忘れてはならない、電気主任技術者についての情報もご紹介していますので、ぜひ最後までお見逃しなく!


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気設備に関する仕事がしたい! 求人の種類や必要な資格を一挙紹介

電気設備とは、電気の配線・受電・発電・変電など、電気を安全に使う設備の総称です。一般家庭から商業施設・学校・高層ビルなど、電気を扱っている場所すべてに電気設備は設置されています。電気設備の定期的な点検・整備・電気工事には資格が必要です。

そこで、今回は電気設備の点検・整備・保安監督業務や電気工事が行うことができる、資格や求人などをご紹介しましょう。

  1. 電気設備に関する基礎知識
  2. 電気設備に関する仕事について
  3. 電気に関する資格を取得しておくメリット
  4. 電気設備に関する求人についてよくある質問

この記事を読めば、電気設備の保守点検や電気工事を行うための資格を取得するメリットもわかります。電気主任技術者や電気工事士の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気設備の耐用年数は何年?電気設備工事が行える資格と共に徹底解説

電気設備とは、電気を安全に使う設備の総称です。電気を作る発電設備や電気を送る送電設備・受電設備・変電設備などたくさんの種類があります。一般家庭から発電所・変電所など電気を扱う施設・工場・ビル・商業施設など、電気設備はありとあらゆる場所に設置されているのです。電気設備が常に安全で正常に使えるように整備点検をすることも、施設管理の一環になります。

そこで、今回は電気設備の耐用年数や整備点検の方法・電気設備工事や保安監督ができる資格などをご紹介しましょう。

  1. 電気設備とは?
  2. 電気設備の耐用年数について
  3. 電気主任技術者と電気工事士の違い
  4. 電気主任技術者の資格を取得するには?
  5. 電気設備の耐用年数に関するよくある質問

この記事を読めば、電気設備を定期的に整備点検する大切さも分かります。電気主任技術者や電気工事士の資格を取得したい方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

自家用電気工作物の点検はどうすればいい? 点検に必要な資格と共に解説

自家用電気工作物とは、電気事業法で定められた600Vを超える高電圧を受電する需要設備などの総称です。小規模な太陽光発電など、小出力発電設備も含まれます。一定規模の工場やオフィスビル、学校などには大抵自家用電気工作物が設置されているでしょう。自家用電気工作物は、電気事業法によって定期的な点検などが義務づけられています。

そこで、今回は自家用電気工作物の保安方法や、点検などの保安業務を行える資格についてご紹介しましょう。

  1. 自家用電気工作物に関する基礎知識
  2. 自家用電気工作物の保安点検や工事を行える資格について
  3. 自家用電気工作物の点検に関するよくある質問

この記事を読めば、定期的な保安業務が必要な電気設備がどのようなものかも分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加