月別アーカイブ 2017年1月

ビルメンの仕事に電験が有利な理由。資格取得の方法と共に紹介します。

ビルメンとはビルメンテナンス(設備管理)の略称のことです。ビルは大型になるほど設備管理が重要になり、一定の広さを持つ大型商業施設やオフィスビルには、建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)という資格の選任が義務付けられています。しかし、建築物環境衛生管理主任技術者以外にも、ビルメン業界で働くためには、電験など取得しておいた方がよい資格があるのです。

そこで、今回はビルメン業界活躍するために電験が有利な理由や資格取得の方法をご紹介しましょう。

  1. 電験とビルメンの基礎知識
  2. なぜ、電験がビルメン業界の就職に有利なのか
  3. 電験を取得する方法
  4. 電験に関するよくある質問

資格取得の方法などが分かれば、よりチャレンジしやすくなります。ビルメン業界に就職を希望している方や電験に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者を外部委託するには? 要件と手続き方法まとめ

電気主任技術者の外部委託についてご存じでしょうか? 電気関係の仕事に就く上で資格取得がすすめられる電気主任技術者。この資格を持っていると自分自身のスキルアップにもつながり、就職や転職にも大変有利になります。原則として、店舗や施設、工場、発電所など一定の電圧を使う事業所では、電気主任技術者の選任が必要です。しかし、すべての事業所で電気主任技術者を選任することは現実的ではないでしょう。そこで、外部委託という方法があります。平成15年の法改正により、経済産業局に申請することで電気主任技術者を外部に委託することが可能となったのです。この記事では、電気主任技術者の外部委託について、その要件や方法などをまとめて解説します。

  1. 電気主任技術者の基礎知識
  2. 電気主任技術者の外部委託について
  3. 電気主任技術者を外部委託する方法
  4. 電気主任技術者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の仕事や外部委託の方法などを知ることができます。資格取得を目指している人も、ぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験に挑戦する方必見!理論の参考書・テキストの選び方を解説!

電験(電気主任技術者)は、大型商業施設・ビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守・管理を行える資格です。高圧受電設備の定期点検は法律で義務付けられているので有資格者の需要は高く、就職先もたくさんあります。年を取ってからも活躍できる職場が多いので、中高年になってから資格を取得する方も珍しくありません。電験の試験は、理論・電力・機械・法規の4科目があります。

今回は、倫理のテキストや参考書の選び方、勉強の仕方をご紹介しましょう。

  1. 電験の理論とは?
  2. 理論の学習方法
  3. 理論の参考書・テキストの選び方
  4. SATの教材について
  5. 理論の参考書・テキストに関するよくある質問

自分にぴったりの参考書やテキストの選び方が分かれば、勉強もぐっとはかどります。電験にチャレンジするという方や、参考書を探している最中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の合格基準・合格点は? 受験方法や勉強方法とともに解説!

電験3種(第三種電気主任技術者)は、電気に関係する資格の中でもで電気工事士と並んで人気です。この資格を取得すれば、大型商業施設やビル・工場などに設置されている高圧受電設備の保守や点検が行えます。毎年資格取得を目指して大勢の方が受験されますが、合格率は25%~30%ほどです。

今回は、電験3種の合格基準の一つである合格点についてご説明しましょう。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電験3種を取得する方法
  3. 電験3種の合格点・合格基準は?
  4. 電験3種の勉強方法について
  5. 電験3種に関するよくある質問
  6. おわりに

電験3種の合格基準が分かれば、勉強の目安にもなります。電験3種合格を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加