月別アーカイブ 2015年12月

知るべき水力発電の特徴や仕組み~メリット・デメリットとは?~

「水力発電」は水力を利用して発電する方法を指しています。
水力発電の歴史はとても長いものです。日本でも古くから使用してきた発電方法になるでしょう。
これから、水力発電の特徴や仕組み、水力発電のメリット・デメリット、水力発電の発電量や効率について詳しく説明します。
電気主任技術者(電検)の3種資格取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 水力発電の特徴や仕組み
  2. 水力発電のメリット・デメリット
  3. 水力発電の発電量や効率
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンバインドサイクル発電の特徴を徹底検証してみた

現在、コンバインドサイクル発電とその画期的な特徴が注目されています。テクノロジーが進化していくのと比例して、電気の供給がますます必要です。また、日本では発電所の安全性も大きな課題でしょう。その点で注目されているのが、コンバインドサイクル発電なのです。それでは、コンバインドサイクル発電の特徴とメリットやデメリットをご紹介しましょう。

  1. コンバインドサイクル発電とは
  2. コンバインドサイクル発電の特徴
  3. コンバインドサイクル発電のメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

火力発電に使われる燃料の種類や特徴とは?

私たちの生活になくてはならない電気。
その電気を作っている場所が、発電所です。
発電所には、原子力・水力・火力などの種類があります。
そこで、今回は火力発電所で使われる燃料の種類についてご紹介しましょう。
火力というからには火を起こさなければなりません。では、長時間効果力を維持し続けるにはどのような燃料が最適なのでしょうか? この記事では、燃料と電気代の関係についてご紹介します。興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 火力発電所の仕組みとは?
  2. 日本の火力発電の方法
  3. 電気代と燃料の関係
  4. 火力発電に変わる発電方法はあるの?
  5. 電力を安定して供給するためには?
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の講習会ではどんなことが学べる? 参加方法や注意点を解説!

第3種電気主任技術者、別名電験3種は、業務用電気工作物の工事や維持・保安の監督に欠かすことのできない資格です。電気に関する資格の中では最も需要が高く、なおかつ受験資格もないので受験する方は多いでしょう。

そこで今回は、電験3種の講習についてご紹介します。一体どのようなことを行うのか?答えはこの記事を読めば分かります。電験3種の講習会に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種の資格を取得するには?
  3. 電験3種の講習会とは?
  4. 有意義に講習を受けるために
  5. 講習さえ受けていれば合格できる?
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

第一種電気工事士の難易度や合格率はどのくらい? 第二種との違いは?

第一種電気工事士とは、一般住宅や事業工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要設備の工事ができる資格になります。第二種よりも工事ができる範囲がぐんと増えるのですね。「どうせ取得するならば、二種よりも一種を」と思う方も多いでしょう。しかし、第一種電気工事士は誰でも受験ができますが、免許交付には条件があるのです。

そこで今回は、第一種電気工事士の難易度や合格率をご紹介します。第一種電気工事士の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い
  2. 第一種電気工事士は筆記試験が難しい?
  3. 第一種電気工事士の試験対策
  4. おわりに

電気工事の第1種と第2種って何が違うの?


このエントリーをはてなブックマークに追加

電験3種の試験はどんな問題が出る?勉強のポイント・コツを解説!

世の中にはいろいろな資格があります。その中でも電気に関するものは需要も高く、取得しておけば就職や転職に役立つでしょう。そんな電気に関する資格の中でも、「電気主任技術者」は人気が高いのです。

そこで今回は、電験3種の勉強法についてご紹介します。電験3種とは、第3種電気主任技術者の略です。いったいどのような問題が出て、どのように勉強すれば合格しやすいのでしょうか?答えは、この記事を読めば分かります。電験3種にチャレンジしたい方は必見です。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の資格を取得する方法
  3. 電験3種の勉強方法
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者の認定に必要な実務経験は?実務経験を積む方法

電気工事関係の仕事に従事している人なら、電気主任技術者という資格についてご存じだと思います。電気主任技術者になれば、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線、電気設備の保安監督という仕事に就くことができるのです。電気設備を設けている施設の事業主は、保安の監督者として電気主任技術者を選任する義務があります。つまり、この資格は需要と社会的評価が高いと言えるでしょう。ただし、電気主任技術者として認定されるためには、実務経験が必要です。資格認定のために必要な実務経験にはどのようなものがあるのでしょうか?

「電気主任技術者の資格を取得したい」「資格取得に必要な実務経験について知りたい」「どのような内容が実務経験として認められるのか?」そんな人たちのために、電気主任技術者に必要な実務経験についてまとめてみたいと思います。

  1. 電気主任技術者の資格について
  2. 電気主任技術者に必要な実務経験について
  3. 実務経験として認められる内容について
  4. 求人における実務経験について
  5. 実務経験を積める場所や試験について
  6. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の幅を広げたい人必見!電気工事や電気設備に関する資格を一挙紹介

電気関係の仕事をする上で、目指すべき資格があります。電気に関わる資格の需要は高く、転職や就職にも有利になるでしょう。特に、電気工事士や電気主任技術者を目指している人は多いはずです。そもそも、電気工事や電気設備に関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか?「電気関係の仕事でもっと上に行きたい」という人は、ぜひチェックしてください。

「電気工事や電気設備に関する資格の種類は?」「資格を取得するにはどうしたらよいのか?」「資格取得のための勉強方法は?」そんな疑問をお持ちの方のために、電気工事や電気設備に関する資格の種類や取得方法・勉強方法についてまとめました。

  1. 電気工事・電気設備に関する資格の種類
  2. 資格の取得方法
  3. 資格取得のための勉強方法
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加